私も対象になるの!?知って活かそう助成金!

急激に減少してきたとはいえ、予想以上に長引くコロナ禍で私たち多くの中小事業者は苦しんでいます。 広島もようやく緊急事態宣言が解除され徐々に日常を取り戻しつつあります。そうした中、7月に引き続き「活用できる制度は全て活用しよう!」の実践として、7月に引き続き法人部会主催で第2回助成金学習会を開催しました。

 当日は事務所の4階会議室の他、オンラインも含めて24名が参加。福山民商や三原民商など県内民商からも積極的に参加してもらいました。

 講師は前回に引き続き京都府にある「助成金制度推進センター」の藤田剛理事長に務めて頂きました。なんといっても返済義務のある融資とは異なり、助成金は返済義務がないのが魅力です。また、資金使途が限定されている補助金と異なり、助成金は要件に該当すれば給付され、資金使途が自由なところも経営者にとって助かるところです。

 藤田理事長は、まずよく混同されがちな助成金と補助金の違いについてわかりやすく説明。補助金はいくら良い内容で申請しても、通るかどうか分からない採択制なのに対し、雇用保険料を財源とする助成金は、条件に当てはまれば必ずもらえるものであること。そうした意味では、いわゆる火災保険などの損害保険と似たような仕組みであり、条件に当てはまるかどうかが重要。しかし、ほとんどの中小企業は給付条件に当てはまっているにもかかわらず、制度を知らなかったり、面倒がって敬遠しすることで申請すらしていない状況です。

 藤田理事長は多くの中小事業者から相談を受けてきた中で、大企業とは異なり労働法制を全ての中小事業者が遵守しているとは言い難い状況の中、結果として同じであっても就業規則や給与の内訳でクリアできる内容も多くあることを指摘。助成金を獲得するテクニックだけではなく、助成金を申請する中で就業規則の見直しなどしっかり法律を遵守した企業となるよう手助けしていくことも大事な仕事と言います。

助成金の財源は雇用保険従業員がいれば受給の可能性有

 藤田理事長は学習会の中で、「キャリアアップ助成金」など人気の助成金をいくつか取り上げ、具体的な申請事例を紹介。また、未確定情報としながらも今期限りで廃止される見込みで急ぐべきものや、来年度に準備すべき助成金についてもわかりやすく解説してもらいました。

 人気の「キャリアアップ助成金」は雇用保険に入っているパートを正社員にするなどで貰える助成金です。助成金の存在を何も知らないと、いきなり正社員で採用する選択肢しかありませんが、こうした助成金があると知っていれば、まずは半年間を研修期間としてパートで採用、その後正社員に登用するだけで1名当たり57万円の助成金を受給することが出来ます。新規採用の多い事業所では、知っているか知らないかで大きく差が付きます。

 また、「働き方改革」で労働時間削減や有給休暇取得のために環境整備した場合に最大100万円もらえる助成金も。「軽トラを購入し、資材搬入がスムーズになって労働者の労働時間が削減できると申請した事例」や「食洗器の導入で労働時間が削減できると申請した飲食店」など紹介。

 設備の購入が専門家の目線で見ると該当する場合もあるので、気軽に相談してほしいと語りかけます。

 助成金は年度ごとに新しいものが発表され、人気の助成金は予算枠が埋まるまでの早い者勝ちの面もあります。また、こうした申請は事後ではなく事前申請が基本。従業員採用の予定がある場合は、どんな採用の仕方をすれば助成金を申請できるかをチェックし、該当するように採用するのがポイント。また、設備投資の予定があれば、該当しそうな助成金があるかを事前に把握してから購入を決めるなど、助成金のことを事前にチェックしてから行動すると損しません。

 ただ、自らで新しい制度を全てチェックし、自社で色々準備するのは難しいという中小業者が多いのが現状。そうした方は、一定費用がかかりますが専門家がいる「助成金制度推進センター」を利用するのも手です。

 助成金の種類によりますが民商価格で割引もあります。下記に当てはまる人は受給できる可能があります

パート・アルバイト・契約社員(有期雇用)の方を正社員にする予定のある方

パート・アルバイト(雇用保険加入者)に会社費用で健康診断を受けさせる予定のある方

パート・アルバイト(雇用保険加入者)の方の昇給を考えている方

雇用保険加入者である従業員が1年間辞めずに頑張ってくれそうな会社(離職率目標が達成できる)

男性従業員に5日以上の育休を考えている事業所

興味のある方は、助成金対象診断専用のFAX申込用紙を民商事務局に用意していますので、お問い合せ下さい。

緊急事態宣言解除後も県が独自に飲食店の時短・休業要請継続

国は9月末までの緊急事態宣言を解除することを発表しましたが、広島県は10月1日~14日まで独自に飲食店への時短・休業協力要請を継続することを発表しました。

 対象エリア・条件は左記の通りです。今回から「積極ガード店ゴールド認証」の取得で時短の際の営業時間や酒類の提供時間が優遇されることが発表されました。休業の場合は、条件・給付額の差はありません。

 このゴールド認証は「積極ガード店」になっている店舗に調査員が訪問して、条件に合っていればその場でもらえるというものです。ただ、発表時もまだ3割程度しか訪問できていない状態で条件に入れられるのは不平等としか言いようがありません。10月1日までに認定を受けないといけないため、積極ガード店ゴールド認証事務局に「はやく訪問してほしい」と電話をするしかないのが現状です。民商でも広島県に対して問題点を指摘していますが、皆さんからも個別に県に対して問題点を伝え、改善を求めましょう。
早期給付申請ができます!

R3年第6期(10月1日~10月14日分)

  一律18万円の給付を事前に申請できる制度です。

早く支給されますので資金繰りが不安な方は、5期の本申請と同時に6期の早期給付申請をしておきましょう。

必要なものは通帳、飲食店の許可番号のみで、あとは書類に記載するだけです。

6期早期給付申請 10/1~10/12

<<対象エリア>>

広島市、東広島市、府中町、海田町

<<対象者>>

★対象エリアに所在する「酒類」を提供する飲食店である こと(営業許可1類又は3類で屋内に飲食スペースがある)★要請前の閉店時間が20時~5時の間であること (20時も含む)。

★「積極ガード店」かつ「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」であること。

★期間中全日を休業または、時間短縮営業(20時までに閉店し、酒類の提供を11時~19時30分まで)にした場合に協力支援金が支給されます。「積極ガード店ゴールド」取得者は、時短の条件が下記のよう緩和されています。

「積極ガード店ゴールド」を取得している店舗で通常の閉店時間が21時~5時の間だった店舗は、時短の要件が21時までに閉店、酒類の提供が11時~20時までに緩和されます。

休業の場合の要件・支給額等は変わりません。

ゴールド認証についてのお問合せ先

 広島積極ガード店ゴールド認証事務局:(082)546-1280

飲食店の広島県感染症拡大防止協力支援金

R3年第5期(9月13日~9月30日分)10月1日~申請開始

密を避けるため申請の相談に来られる際は事前にご連絡の上、以下のものを用意して来てください。

★「積極ガード店」「取組宣言店」の掲示写真

 左図のものをお店に貼っている写真。積極ガード店のステッカーは店名を記載してください。登録後まだステッカー等が届いていない方は登録申請したことが分かる書類。

※必ず登録してから申請してください。

登録前に申請すると支援金が受けられなくなります。

★店の写真 お店の外観と時短・休業の貼紙、お店の内観(客席を写したもの)

※時短の方はお店の中にも時短の貼紙がある様子。

★令和3年の直近の売上帳

8月・9月の売上帳簿。(ずっと休業の方は直近で営業していた月の売上帳)

★酒類提供やカラオケ設備が分かるもの

 (メニュー表、お酒のキープボトル写真、ビールサーバー、カラオケ設備等の写真など)

★要請前の20時以降営業が要件の方はその証明

 (看板等に印字された写真、レジの記録、カード決済などの控え、風俗営業(1号)許可証、深夜酒類営業届の控え、食べログなどの印刷)

★事業主の本人確認書類(免許証など)

★振込先の通帳(表紙・表紙を開いた次のページの写し)

★令和元年または令和2年の確定申告書控え

 ※売上が月250万円以上の方や兼業の方、複数の店舗がある場合は前年または全前年の売上帳など別途書類が必要ですのでお知らせ下さい。

★飲食店営業許可証写し

支援金の申請は、前回と同じ書類が必要な場合でもその都度必要な書類を持ってきてください。探すのに時間がかかり、事務局の他の作業が滞ってしまいます。コピーを繰り返すと写真の画質なども落ちてきます。

月次支援金の申請もれはありませんか?

飲食店の時短・休業や外出自粛の影響の影響により各月の売上が令和2年または令和1年の同月と比べて30%以上下がった方は国や県の月次支援金の申請ができます(それぞれ個人最高10万、法人最高20万)。

※協力支援金がもらえる飲食店や大型店舗は対象外です。

 国の申請は認定機関で事前確認をする必要があります。民商でも認定機関と連携をとっていますが、売上の帳簿がない方や、時短・休業要請、外出自粛の影響で売り上げが下がったことを説明できない方は認定機関への紹介ができませんのでご了承ください。

★7月は県の月次支援金なら30%以上減で申請可能です。ただ、広島県に感染防止措置が出ていなかったので、国の月次支援金は観光業など「他県の緊急事態宣言やまん延防止措置の影響があった」業種に限られます。7月分の締め切りは9月30日ですのでまだの方は急ぎましょう。

★8・9月に50%以上減少した場合は、国と県、両方の支援金を申請できます。30%~50%未満減少している方は、広島県の「頑張る中小事業者月次支援金」のみ申請ができます。

★酒類販売業者については、特に影響が大きいため、広島県の「頑張る中小事業者月次支援金」については売り上げの減少率、給付金額が拡大されています。

 県の申請は比較的簡単ですが、国の方は揃える書類が多いため詳細は広島民商事務局までお問い合せ下さい。

コロナ禍で硬くなった身体をリフレッシュ女性部 ストレッチ教室

 
9月7日(火)民商4階で女性部主催のストレッチ教室を開催し、9名が参加しました。

「コロナで外出自粛が続いているので気が滅入っている」「体を動かす機会が減ってしまった」との声が役員会で上がったのをきっかけに企画したストレッチ教室。緊急事態宣言が出た際には開催をどうしよう・・・と悩みましたが、「心と体の健康のためにも」と感染対策をしっかりとした上で行うことになりました。

 当日は福島生協病院から理学療法士さんに来ていただき、動きやすい服装とヨガマットを各自で用意し、間隔を空けて感染対策もばっちりでスタート。

まずは自分の身体の現状を知るために目をつぶって立つ・片足で立つ・手を挙げたまましゃがむなどの体幹チェックです。それから自分の骨盤の位置を確認してから無理のない範囲でストレッチを始めます。仰向けのまま足をあげたりうつ伏せになって上体を起こすなど、ゆっくりとした動きながらもお腹の中心部に力が入って体幹が鍛えられている感じがします。 休憩を挟みなが30~40分ほど取り組むと体はポカポカになり汗が止まらなくなる方もいらっしゃいました。

 終わった後は質問タイム。効果的な運動の仕方など普段から疑問に思っていることを質問し、教えてもらいました。

「最初は体が動かなかったけど同じ動きを繰り返すうちに動くようになってきた」
「今回初めて女性部の活動に参加した。機会があればまた参加したい」
「店が開けられない状況が続いて身体がつらかったのが、動かすことができて良かった」
「今日教えてもらったことを家でも続けていきたい」
などの感想が寄せられ、みなさんとても楽しんでおられました。

助成金学習会 好評につき再度開催!

7月に開催して大好評だった「助成金学習会」を左記の日程で再度開催することになりました。

助成金は補助金とは違い、条件にあてはまれば必ず支給されます。財源は雇用保険ですので、従業員がいる方は学習会に参加して該当する助成金があるかを調べてみませんか?

10月に最低賃金が変更されますが、昨年より時間給で28円もアップするなど事業主への負担が大きくなります。
そうした事業主が活用しやすい「業務改善助成金」など、中小業者からの需要が高い助成金とその申請事例などを学習していきます。資料の準備もありますので参加希望の方は事務局までお知らせください。


第2回 助成金学習会

9月29日(水)19時~

場所:民商4階

講師:助成金推進センター

ZOOMでのオンライン配信を予定しています

事務所に来所される方は連絡お願いします

助成金学習会

https://us02web.zoom.us/j/83038292389?pwd=eloyb01JaEZ1SDBZQkhyYTNzdCtQQT09#success

ミーティングID: 830 3829 2389

パスコード: 369502

民商の力で悩みが解消!時支援金の支給が決定 田上さん(仮名:個人タクシー)


市内で個人タクシー業を営んでいます。昨年からコロナの影響で観光客は激減、外出自粛で市内の利用客も減り、今タクシー業界は大変深刻な状況に置かれています。私も売上が減り、とても生活ができない状況に頭を抱える日々を送っていました。

そんな中、民商で一時支援金学習会があると聞き参加。当日すぐにでも申請ができるよう必要書類を揃えていきました。まず、県の「観光関連事業者給付金」はその場で申請書を記入しすぐに郵送で提出。他にも「一時支援金」の対象になると知りましたが、オンライン申請のみのため自分ではとてもできません。必要書類を揃えて民商でサポートしてもらい、5月13日に無事申請を終えました。

 しかし、一時支援金は2か月たっても「申請内容確認中」のままで待てど暮らせど給付がおりません。時間がかかるとはいえ、不備の知らせすら来ず、日々不安は増していきました。

 何度も何度も「一時支援金事務局」に電話で問い合わせをしても「申請内容確認中です。申請はできておりますのでもうしばらくお待ちください」の繰り返し。売上も下がったままで支援金の給付も受けられない状況に次第に気持ちが滅入りました。そこで、民商にこれまでの一時支援金事務局とのやりとりを伝え、何とかならないかと相談。すると、会として東京の国会議員さんに働きかけをしてもらえることになりました。すると、3か月ずっと「内容確認中」だったのが、翌日には「お振込み手続き中」に変わっており、その画面を見た瞬間は涙がこぼれました。

 これまで民商の力に何度も救われてきましたが、今回改めて「民商に入っていてよかった!」と強く思いました。いつも寄り添いサポートをしてくれる民商が、私たち個人事業主にとって強い味方、支えになっています。

 広島でもコロナ感染拡大が広がり、今後も売り上げ回復は厳しい状況ではありますが、事業を継続していくために受けられる制度を活用しながら頑張っていきます。引き続き民商のサポートを受け「月次支援金」にも挑戦!皆さんも困ったときは民商へぜひ相談してください。頼れる仲間がいつでも親身になって対応してくれます。 本当に民商に入ってよかった!まだ民商を知らない人や、周りで困っている人には自信を持って民商を進めていこうと思います。

南区4支部合同 方針学習会 KAPPA・青崎・大河・仁保 総会方針学習会兼懇親会

8月4日、仁保の会員さんのお店「寿司処庖丁」で、南区の4つの支部(KAPPA、大河、仁保、青崎)合同で総会方針学習会兼懇親会を行いました。参加者は会員・事務局を合わせて19名でした。

 直前に時短・休業要請が出たため、急遽開始時間を繰り上げて17時スタートとしましたが一人のキャンセルもなく行うことができました。

 最初に、本部から参加した四郎田宗則副会長が総会方針の内容について説明。方針検討委員会の堺委員長からのメッセージ動画も鑑賞し、参加された皆さんは終始集中して聞いていました。

 コロナの影響もあり、この1年半の間、支部会や支部総会が開催できていなかったこともあり、懇親会では「久々に会えて良かった」という意見が多く聞かれました。

 さらに、普段面識がない近隣の支部の会員との交流もでき、料理もおいしいと評判で「開催できて良かった」という意見が多くでました。今話題のコロナワクチンの事や商売の話などで大いに盛り上がり、今後の支部合併等の話にも前向きな姿勢の意見等も出たりしました。

 時短・休業要請期間中ではありましたが、換気や密等にはしっかり気を配りながらお店の閉店時間ギリギリまで皆さん楽しんでいました。

役員が先頭に立って国と県の「月次支援金」を申請


5月分の申請期限が目前に迫っている中、4日にお弁当屋さんで役員のAさんと、けん玉の卸・小売、けん玉講師をしている会員のBさんが来られ、月次支援金の申請を行いました。
Aさん(写真左)は、まず自分で県の月次支援金を申請。「これなら自分でも他の会員さんに教えられるかな」と売上が減って困っていて資料集めが苦手なBさん(写真右)と一緒にBさんの月次支援金の申請を手伝いました。
Bさんは同時に国の月次支援金もの申請にも挑戦。「自分ひとりでは、出来そうになかったので助かった」と喜ばれていました。

【重要】
最近、「月次支援金はうちの場合当てはまるの?」といった問い合わせが増えています。

国の月次支援金は、5月分の申請期限が8月15日までですが、登録確認機関の事前確認の期限が8月10日までとなっていますので事務局までお問い合わせ下さい。県の月次支援金は、5月分の申請期限が20日までとなっています。

国の「月次支援金」は2021年の5月分・6月分の売上が2019年又は2020年の同月と比べて50%以上減少している場合、対象になります。
県の「月次支援金」は2021年の5月分・6月分の売上が2019年又は2020年の同月と比べて30%以上50%未満の減少の場合に対象となります。
申請出来るかどうか、よくわからない場合は事務局までお問い合わせ下さい。

女性部「おかあさんの被ばくピアノ」映画鑑賞


8月3日(火)、女性部主催で「おかあさんの被ばくピアノ」上映会を行い、小学生から大人まで17人が参加しました。映画の上映設備は会員のシネマキャラバンさんが設置。民商4階で大きなスクリーンと音響を使って本格的な映画鑑賞ができました。

冒頭、島友香部長より「新型コロナウィルスの影響で集まれない日々が続き女性部としての活動ができませんでした。感染が落ち着いた先月、話し合って鑑賞会を企画しました。広島で実際に活動していらっしゃる調律師の矢川さんをモデルにしたこの映画をみなさんで観て、戦争や原爆について考えるきっかけにしたい。これを女性部の新しい活動のスタートにしたいです」との力強い挨拶から開始されました。

映画は、東京で生まれ育った主人公が、知らないうちに祖母の被ばくピアノが寄贈されていたことをきっかけに、自身のルーツや被ばく2世の母親がなぜ広島から距離を置いていたのかを考え始めるー。広島を訪れ、被ばく2世の調律師・矢川さんを通じて祖母の記憶とピアノに向きあうことによって「自分が広島について何も知らなかった」と気づき、「何も教えてくれなかった」と反発していた母親の苦しみにも気づいて家族の関係を取り戻していく物語です。

2時間近い上映時間となりましたが、みなさん最後まで集中して観ておられ、涙で目が真っ赤になっている方もいらっしゃいました。皆さんからは、「時空を超えて、母娘・人の心を結びつける想いを感じました」「周りの人たちにも伝えようと思う」「本当に平和の大切さを訴える作品だと思った」「予想以上に良かった。ピアノや歌、音楽もしっかり聴けた」「もっとたくさんの人に見てもらいたい」「改めて戦争は嫌だと思った」などたくさんの感想が寄せられました。

また、「やっぱり集まるのはいいね」「記帳教室をやってみたい」など今後の活動についても意見が出ていました。女性部ではコロナに負けずに引き続き活動を続けていきたいと思いますので、皆さんも是非ご参加下さい。

知って活かそう助成金

コロナ禍で苦しい状況の中「活用できるものは全て活用して生き残ろう」と、7月19日、法人部会主催で助成金の学習会を開催しました。
講師は京都府にある「助成金制度推進センター」の藤田剛理事長。学習会はZOOMでのオンライン形式で行い、民商4階に22名、オンラインで8名の計30名が参加しました。
まずは、助成金と補助金の違いを説明。補助金は採択制で申請しても通るかどうか分からないのに対し、助成金は条件に当てはまれば必ずもらえるものと解説。それなのに、ほとんどの中小企業は条件に当てはまっても申請すらしていない状況です。

助成金の財源は雇用保険従業員がいれば可能性はある
助成金の財源は雇用保険であり、損害保険と似たような仕組み。条件に当てはまれば必ずもらえるようになっており、利用しないと掛け捨てになってしまいます。
学習会では、最近人気の助成金をいくつか取り上げ、具体的な申請事例を紹介してもらいました。
その一つが「キャリアアップ助成金」。雇用保険に入っているパートを正社員にするなどで貰える助成金です。助成金の存在を何も知らないと、いきなり正社員で採用しがち。でも、こうした助成金があると知っていれば、まずは半年間を研修期間としてパートで採用、その後正社員に登用するだけで助成金が貰えます。実際、講義して頂いた「助成金制度推進センター」ではこうした方法で新人を採用し、助成金を申請しているそうです。
また、昨年から人気なのが「働き方改革」で労働時間削減や有給休暇取得のために環境整備した場合に最大100万円もらえる助成金。環境整備といっても何が該当するのかイメージできない方も多いと思います。申請事例として「建設業で2台目の軽トラを購入し資材搬入がスムーズになって労働者の労働時間が削減できると申請した事例」や「食洗器の導入で労働時間が削減できると申請した飲食店」などを紹介。自分では該当すると思ってもいなかった設備の購入が専門家の目線で見ると該当する場合もあるので、気軽に相談してほしいと語りかけました。
助成金は年度ごとに新しいものが発表されます。従業員採用の予定がある場合は、どんな採用の仕方をすれば助成金を申請できるかをチェックし、該当するように採用するのがポイント。また、設備投資の予定があれば、該当しそうな助成金があるかを事前に把握してから購入を決めるなど、助成金のことを事前にチェックしてから行動すると損しません。が、なかなか日々の業務をしながら新しい制度をチェックし、自社で色々準備するのは難しいという中小業者が多いのが現状。そうした方は、一定費用がかかりますがこうした専門家がいる「助成金制度推進センター」を利用するのも手です。助成金の種類によりますが民商価格で割引もあるそうなので興味のある方は、助成金対象診断専用の「FAX申込用紙」を民商事務局に用意していますので、お問合せ下さい。