なぜ?4月から総額表示義務化

ー消費税の負担を薄れさせるため?増税への地ならし作戦かー

消費税が1989年4月1日に施行されてから32年が過ぎ ました。
コロナ禍で営業とくらしが危機に直面 するなか、5%への引き下げを求める声がいっそう強まっています。
コロナ経済対策として56の国・地域が消費税(付加価値税)減税に踏み出すなか、日本政府に減税を求める世論と運動、地方自治体の意見書が広がっています。

4月から始まった消費税の総額表示義務化により値札やレジシステムの変更だけでなく、税込み価格の表示で「値上げされた印象を受け値下げせざるを得ない」と多くの事業者が頭を悩ませています。
総額表示の欠点は 税率が変更されるたびに表示替えのコストがかかり、価格に転嫁できない小規模事業者は自分で負担することになります。

消費税法第63条は「課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の価格を表示するときは、当該資産又は役務に係る消費税額及び地方消費税額の合計額に相当する額を含めた価格を表示しなければならない」とし、税込み価格(総額表示)にするよう求めていますが、消費税法に総額表示違反に対する罰則規定はありません。

税込み価格の表示は法律上の義務とは言えず、事業者に協力を求める「訓示規定」です。そもそも、価格の表示をどうするかは、事業者の裁量にゆだねられるべきであり、価格表示は自由にすべきです。
なぜ総額表示を強 要するのか?それは物価に消費税を紛れ込ませて痛税感と納税者意識を薄れさせ、税率を引き上げやすくするためです。

価格表示で重要なことは、消費者や取引先に安心してもらえるかどうかです。
「安心の価格表示」に力を合わせ、消費者への理解を求める取り組みを強め、「価格表示は自由」の世論を大きく広げようではありませんか。
そして、ご一緒に「税制で商売をつぶすな」の声を上げていきましょう。

宣言地域内と取引または移動サービス業者が対象

一時支援金 個人30万円・法人60万円 申請期限は5月31日まで

昨年秋ごろからのコロナ感染再拡大により11都府県で緊急事態宣言が出され、宣言地域内の飲食店へ商品や材料を納入する業者や外出自粛で影響を受ける移動サービス業者などで売上が50%以上減少した事業者に給付される一時支援金の申請が3月8日からスタートしました。

平尾泰一さん=誠之・小売=は緊急事態宣言と外出自粛要請により売上が下がり一時給付金の申請をしました。
店舗は福山にありますが、売上の7割以上がネット販売で今回緊急事態宣言の出た11都道府県からの購入者のため一時給付金の対象になるのかと民商で相談しました。登録確認機関、カスタマーセンターで対象になると確認が出来たため申請することになりました。


~入金され喜びの声~
個人タクシーを営む榊原さん=仮名・読者=は民商のサポートで約25万円の給付を受け「これで仕事を続けていける」と喜んでいます。榊原さんは10年以上の商工新聞読者。申請の仕方がわからず悩んでいたところに民商の存在を思い出し事務所に相談に訪れ応対した事務局員とPC を使って登録申請を行いました。
一時支援金は商工会議所などの登録確認機関での事前登録が必要になるため、翌日福山商工会議所へ行き申請を済ませました。10日後には給付金が振り込まれ「70歳過ぎるとパソコンで申請することも難しくて諦めかけたが、民商に相談して良かった」と喜んでいます。

頑張る飲食店応援金 / 無事入金され喜びの声届く

~民商のサポートでスムーズに出来た~

2月8日から始まり、3月19日で申請が終了した「頑張る飲食店応援金」。
続々と給付されましたと喜びの声が民商に届いています。

今岡さん=東3支部=
資料が多いことや「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」を取得していなかったので申請出来ないかな?と思っていましたが、対応してくれた事務局から「宣言店の登録は応援金の申請をしながらできるので大丈夫」と教えてくれたので、無事申請することが出来ました。
申請してから2週間ほどで入金されました。ありがとうございました。

高木さん=城南支部=
班会で申請のやり方や準備物を教わりました。この間、給付金関係で何度も申請書類を準備してきたのでスムーズに申請することが出来ました。
後日無事入金されました。班会等で申請の説明会を開いてくれるので助かっています。

酒井さん=城東支部=
申請書類の案内を店まで寄ってくれて説明していただき助かりました。東京の緊急事態宣言の影響が福山でも出て客足もかなり減っていた時だったので、応援金が入り大変助かりました。ありがとうございました。

紹介や読者からの入会 親切に対応してくれる

・紹介で入会
持続化給付金の相談で民商に昨年入会した料飲支部の山岸さんは建設業をしている知り合いに「確定申告など親切に対応してくれるよ」と民商を紹介しました。
一緒に事務所に訪れ、民商の活動について説明し、後日入会。早速、民商のパソコンに請求書や領収書を入力をはじめました。はじめての会計ソフトに戸惑っていましたが「分かりやすく設定をしてくれたからこれなができます」と確定申告期限の4月15日までに決算書の完成を目指し頑張っています。

・初めての申告
料飲支部、岡田さんの紹介で入会した鬼塚さんは、民商の飲食店向けの自主計算表を使ってはじめての確定申告書を作成しました。
「知り合いに申告をお願いしていましたが、やっぱり自分で出来るようになりたい」と民商で計算のやり方を学習しました。
「弟が建設業をしているので民商を紹介したい」と話しています。

・読者から会員へ
城南支部の読者高木さん=お好み焼き=は申告班会に参加した際に、「新型コロナの給付金や補助金の申請で昨年一年間は大変お世話になった。
これからもお願いします」と民商に入会を決めました。

持続化給付金が実現

広川ノリエさん=お好み焼きひろかわ・城東支部

昨年12月に持続化給付金の申請で民商に入会した広川ノリエさん(79)=城東=は東深津町でお好み焼き屋を始めて40年。福山では珍しい関西風のお好み焼き屋で関西からもお客さんが訪れる有名店です。
親しみやすい笑顔の広川さんはたくさんのお客さんから「お母さん」と呼ばれ愛されています。

■相談しやすかった
コロナ感染症が拡大した昨年の客足は7割以上も激減。お店をやっていけるのか悩みましたが、来てくれるお客さんの為にも続けていこうと自力で様々な感染予防対策や申請をしていました。
しかし、持続化給付金などネットを使う申請がどうしても出来ず、困っていたところ、民商会員の中西さん=北・精肉=に「民商に相談してみたら?」と声をかけられました。
しかし広川さんは以前民商に入っていたこともあり、ためらっていました。そこに話を聞いた高橋すみ江さん= 城東支部支部長= が「気軽に相談してね」と声をかけにお店に来てくれました。
「雰囲気がとても優しく相談しやすい方だなと感じました。高橋さんが来てくれたおかげで相談することができた。本当に良かった」と当時を振り返ります。

■通らない申請
さっそく入会し市の補助金や支援金、持続化給付金の申請に取り掛かりました。
補助金等の申請はすぐに通りましたが、持続化給付金の申請だけは求められた必要書類を提出しても通らず不備が続きました。カスタマーに問い合わせても業者とのやり取りが分かる通帳の提出を求められ、すべて現金で商売している広川さんには用意することが難しい状況。不備を解消するため連日、担当事務局と証明になる資料を探し、役所や駐車場を貸してくれている大家のところまで支払い証明を貰いに行ったり、ガス会社に過去の請求を証明してもらうため何度も動きました。しかし不備は解消されず、問い合わせても「不備の理由は言えない」の一点張りでした。

■商工新聞の事例で
広川さんと事務局員は11月19日に全商連が中小企業庁と交渉し、給付が実現した広島のお好み焼き屋さんの記事を読み、日本共産党の清水忠史衆議員の事務所へ連絡しました。
村高秘書は「長年商売で頑張ってこられた方に給付されないのはおかしい!」と話し、中小企業庁と何度もかけ合ってくれました。後日、最初の申請から約3ヵ月。広川さんに無事持続化給付金が給付されました。

■人との繋がり広川さんは「民商がここまで頑張ってくれて感激した、本当に民商に入って良かった。
今回のことで真面目にコツコツ商売をやってきた人が報われるキッカケになってくれたらと思います」と語り「コロナで大変ですが、高齢になって『体力半分、売上も半分』の気持ちでやっています。お金じゃない、来てくれる人との繋がり、会話が私にとっては大切。人との繋がりを絶ってはいけない。体がもつ限りお店を頑張りますよ」と笑顔で話してくれました。

記帳相談会開催中 初めての申告、民商で相談

23日、民商事務所で記帳相談会を開催し役員3名が相談員として参加、相談者が2名、内一人は会員で自主計算書を元に申告書を作成しました。
もう一名は初めての確定申告の相談で訪れ、中央支部松岡支部長が応対しました。
昨年から仕事を始めてまだ領収書や、売上の計算が出来ていないということで3月に入ってから民商に入会し自主計算書を使って申告書を作成しようということになりました。
最後に松岡支部長は、「税金のことなど、わからないことがあれば、民商に相談したら全部教えてくれるよ」と声をかけ、安心して相談者は帰られました。

記帳相談会スケジュール
3 月2 日(火) 19 時30 分~ 21 時
3 月3 日(水) 19 時30 分~ 21 時
3 月5 日(金) 19 時30 分~ 21 時
3 月7 日(日) 14 時00 分~ 16 時

始めての記帳・申告でお困りの方は毎週火・水・金・日に
開催している記帳相談会へお越しください。
※先着3 名までとなります、必ず前日までにお電話にてご
予約下さい。
ご予約は084-923-1817 までどうぞ!

1000名会員に向け紹介広がる

~丁寧に相談に乗ってくれると喜びの声~

●紹介で入会続々●
19 日、中村務さん(仮名)は確定申告の相談に民商事務所を訪れました。
中村さんは青色申告会に申告の相談に訪れたところ「今年は相談に乗れないので、来年また来てください」と断られ困っているところに川崎博義さん=きせつや・料飲支部=から「申告の相談ならしっかり教えてもらえるから民商が良いよ。良かったら入会もしてね」と声をかけられて相談に訪れました。
応対した西濱会長と事務局員から民商の自主計算書をもらい、一緒に書き込み集計をしました。中村さんは「丁寧に相談に乗って貰えてよかった。事業用ローンの利息や出張時のホテル代が経費になることを教えてもらえた。今まで経費にならないと思っていたので本当に助かりました」話し、その場で入会を決めました。

●一人じゃ不安●
幸千支部読者の小林さん=建設業・仮名=は記帳相談で民商を訪れ民商に再入会しました。小林さんは3年前に体調を崩し、休業せざるを得なくなったので民商を退会しましたが、商工新聞を続けて購読していました。
以前のようには働けないものの仕事もできるようになり、「確定申告のことで教えてもらいたい」と民商に訪れました。売上や経費をまとめたノートから収支を計算し、基礎控除など今年の変更点を確認しながら自分で申告書を仕上げました。「一人で税務署へ行くのは不安だから」と話し、民商に入会しました。

みんなで教え合って不安も解消

班会で確定申告書を作成 自主計算・申告の大切さを学ぶ

東3支部
12日、会員の飲食店「街洋食ひとやすみ」で申告班会を開催し、8名が参加しました。
今年の班会は新型コロナ感染症防止のため、感染対策を徹底した中で行われました。参加した会員は班会までに集めた「コロナ緊急署名」を持ち寄り3・13の重要性や自主計算・自主申告の大切さを税金パンフを使い確認しました。
申告班会に訪れた会員に向けてお店から「自家製にんじんドレッシング」のお土産があり「ひとやすみさんのにんじんドレッシングは美味しくて人気なので、とても嬉しい」と喜んでいました。

城東支部
15日、会費を持ち寄り申告班会を開催。
他支部の会員も訪れ8名が参加。
会員同士コロナ感染防止を徹底した中、助け合いながら申告書を作成。同時に「第2次福山市感染症対策設備導入支援事業補助金」や「頑張る飲食店応援金」も同じ飲食店の会員同士相談し合いながら申請書の作成を進めました。

城北支部
13日、城北支部で申告班会を開催。4名が参加し、税金パンフを使い学習しました。
「消費税が増税になってから税金の重さを感じる」や「コロナの影響で給付金を貰っても焼け石に水」など個人事業主の厳しい経営現状が語られました。
コロナの影響で統一行動がどんな体制で行われるにしても重税への反対の声を届けようと話し合われました。

鷹取支部
大岡さん宅で申告班会を行いました。
コロナウイルス感染対策で、時間をずらして、会員さんに参加してもらいました。
今年の3・13集会の説明や、申告書を作成しました。

神辺支部
湯田公民館で申告班会を開き、会員5名が参加しました。
参加した会員は今年の確定申告の変更点などを確認し合いながら、各自、申告書の作成をしました。

福山市に要望通った 国保税2844円の引き上げを承認

開催した国保運営協議会で一人当たりの国保税を前年比2844円引き下げることを承認しました。
新型コロナウイルスの影響で広島県が福山市に示す保険税を引き下げたことに合わせる引き下げになりました。
運営委員会のメンバーで日本共産党の高木たけし市議会議員はコロナウイルスによる影響について質問すると市側は「コロナでの減免申請は昨年12月末までで497世帯で大変厳しい状況」と話すものの、財政調整基金( ため込み金) の取り崩しは5500万円、一般会計からの法定外繰り入れは9800万円に留まりました。

「国保をよくする会」で民商と市民が日常的に一緒に取り組んでいる三原市は県の引き下げ部分だけでなく、財政調整基金を大幅に取り崩し一人当たり6179円の引き下げを勝ち取っています。

依然として厳しい経済環境にあり、多くの業者がまともに納付出来る状況にありません。
さらなる引き下げを求め引き下げ署名に御協力お願いします。
また昨年の収入(売上)が前前年に比べ3割以上減少している場合は申請することで保険税が減額されますのでまだの方は早めに申請しましょう(3月末まで)。

署名活動~手紙を添えて協力お願い~

川村安子さん=中央・スナック終着駅=はコロナ禍で大打撃を受けている福山の飲食店に国や行政からの支援が必要、このままでは福山市の飲食店がもたないと「コロナ危機打開!緊急請願署名」を集めています。

現在集めた署名は約62 筆で、空いた時間を見付けては、知り合い飲食店へ署名のお願いをしています。

遠方の方には今飲食店には国の支援がいかに必要な状況なのかを綴った手紙を一人一人に添えて郵送して協力をお願いしています。

川村さんは「ただ書いてというよりコチラの気持ちを手紙で分かってもらいお願いをすると快く協力して頂けました。

私の行動が回りまわって福山の飲食店の皆の為になれば」と話してくれました。