秋の運動計画を決める 総選挙で10年続く悪政を転換しよう

福山民商は5日、第1回理事会を行い三役・常任理事・理事38名が参加(出席率70%)。
助け合いのコロナ支援相談活動、70周年に向けた仲間増やしなど秋の運動の目標を決め、間近に迫った総選挙で自民党政治を退陣に追い込み、コロナ支援拡充や消費税引き下げを実現しようと話し合いました。
西濱会長が「緊急事態宣言で班や支部、専門部の集まりが出来ず、秋の運動のスタートが遅れている。
10月1日に解除されたので感染対策を行いながら目標達成に力をあわせよう」と挨拶しました。

藤本事務局長は全商連が発表した総選挙の5つの緊急要求を読み上げ、「新しく選ばれた岸田首相は安倍・菅政治を引き継ぐ姿勢。10年にわたる悪政を転換させるために総選挙で自民党を退陣させよう」と訴えました。
民商の要望が実現し福山市が売上が3割以上減少した事業者へ応援金を支給する「中小事業者売上回復応援金」が実現したことや福山民商総会後の取り組みについて報告しました。
続けて秋の運動の目標や取り組み、運動予算について提案しました(裏面別項参照)。

質疑では加賀副支部長=中央=が「読者220名、会員35名という大きな目標を達成するために全体での行動日を決めよう。未収も支部に任せるだけでなく、支部を超えて役員で訪問しよう」と提起。松岡支部長=中央=「運動の進捗状況がわかるように月の半ばに役員に知らせたらどうか」と活動改善を提案しました。
参加者の拍手で秋の運動計画は承認され、最後に藤井副会長が「まだまだインボイスを知らない会員もいる。知って知らせることから始め、秋の運動を成功させよう」と挨拶して終わりました。

福山市独自の中小事業者へ応援金が実施されます

福山市は9 月議会でコロナで売上が減少した中小事業者に応援金を支給することを決めました。
損失を補填する直接支援を行う制度は今回が初めて。福山民商が何度も要請し、会員が直接厳しい状況を訴えてきたことが実を結び、制度実現に至りました。この間の取り組みに確信を持ち、引き続き要請を強め、条件の緩和や給付額の引き上げなど制度改善を勝ち取りましょう。

中小事業者売上回復応援金

 《概要》 売上が減少している中小事業者に対して応援金を支給。

 《対象》 市内に本社、本店を有する中小事業者で令和3年5月~9月の売上相当額が前年または前々年同月比で30%以上減少していること。
※飲食店については7 月分は申請可となっています。

 《支給額》 「売上相当額」と「前年または前々年の同月売上額の70%」との差額

※ 20 万上限(中小)/10 万上限(個人)


現在、詳しい内容や申請時期については未定となっています。
決まり次第商工ニュース等でお知らせいたします。

協力支援金申請相談会 私も民商で申請出来た


~会員同士教え合い、喜び広がる~

福山民商では13日から協力支援金の申請相談会を開催しており、21日までで108名の業者が訪れ申請をしています。役員、会員同士で教え合いながら申請を進めており「民商のお陰で無事申請出来ました」と喜びの声が届いています。

髙島多津枝さん=東3支部=
感染拡大防止協力支援金4期の本申請を民商へ申請相談に訪れ無事申請しました。「事前にラインで準備物を教えてもらっていたので、しっかり準備して来ることができました」と話してくれました。

城戸千晶さん=料飲支部=
Web 申請の方が早く給付されると聞き、自分でやってみましたが、入力することも多く大変でしたが民商で相談できて無事申請することが出来ました。

川崎博義さん=料飲支部=
今回は1期や2期の申請より手間がかかりました。給付額の計算やパソコン入力の多さど大変なことが多いですが、会員さんと教え合って申請を進めて行きたいと思います。

松本和明さん=城南支部=
月に1回の班会(9月21日)で協力支援金の4期申請について不明だった点を解消することができました。
「いつもわかることは自分でするが、オンラインでするときの方法が少しわからなかった。
最終チェックもしてもらって、助かった!」と話しています。

協力支援金申請相談会を開催中 会員で教え合い楽しく申請

福山民商では13日から協力支援金の申請相談会を開催しており、15日までの3日間で55名の飲食事業者が訪れ申請しています。会員同士教え合って協力し申請しようと連日役員が駆けつけサポートしています。
相談員として会員の田頭さん=西支部=、川崎博さん=料飲支部=、桒原さん=料飲支部=、藤井さん=幸千支部=、三好さん=料飲支部=、岡本さん=料飲支部=、丹下さん=料飲支部=が相談に来た会員を応対しました。
相談に来た会員さん達からは「商売人同士なので商売の話をしながら楽しく申請が出来た」との声が寄せられています。

民商の共済会でコロナ対策をしましょう!

新型コロナに感染し、自宅、宿泊施設での療養・健康観察された方も見舞金の対象になります!
罹患証明書の発行など、民商でサポートしますのでご相談ください。
会員、と配偶者は無条件で加入でき、同居家族や従業員(15 歳以上~ 64 歳以下)も月々1,000 円で加入できます。

山民商共済会の5つの魅力■

 ① 無条件で加入できる

 ② 助け合いを重視

 ③ 自前の共催

 ④ 心通う仲間がいる

 ⑤ 仲間が増えれば発展

新型コロナの方は加入時の免責規定が免除され、加入後すぐに請求することが出来ます。
無料の健康診断・大腸ガン健診、入院共済、結婚、出産祝い、長寿祝いなど
充実した助け合い共済会にぜひご加入下さい。

加入のお問い合わせは084-923-1817(担当:高橋まで)

<集団健康診断のお知らせ>

《日程》 9 月19 日(日)

《時間》 ⑴ 9 時半、⑵ 10 時

《支部》 幸千支部・神辺支部

《定員》 残り10 名

《場所》 城北診療所 福山市木之庄町2-7-2

健診を受けたい方は084-923-1817(高橋)までお問合せ下さい。

初めての法人決算申告 一緒に申告出来て良かった

~インボイス・大企業優遇税制にも怒り~

福山民商法人部会は8月31日、法人会員の集団申告を行い、6月末決算の法人の3名が参加しました。
8月30日号の商工新聞を使って大企業の優遇税制について学習しました。上場企業上位20社で見るとコロナ禍でも前年より26%も利益を増やしていますが、税負担は優遇税制により法定実効税率を大きく下回り、グループ会社からの受取配当で1兆4千億円も利益を上げるソフトバンクG(株)は受取配当が利益から除かれるため法人税は0円。
「中小業者は赤字でも消費税を納めないといけないのに、たくさん儲ける大企業が法人税を払わないのは不公平」と参加者から怒りの声。「消費税のインボイス制度や優遇税制をやめさせよう」と話し合いました。
その後、税務署へ移動し各自が申告書を提出しました。今年6月に入会し、初めての法人決算に挑戦した自動車販売業者は「会計ソフトへの入力を教えてもらい自分でできた。
今まで税理士に任せていて税務署の場所も知らなかったけど、みんなと一緒に申告できたので良かった」と話しました。

パソコン記帳が力に / コロナ支援制度の活用広がる


福山民商ではコロナ支援制度の申請で連日多くの会員が訪れています。「コロナ禍で誰一人とりのこさない」と掲げた方針を実践し多くの事業主に喜ばれています。

繊維事業者応援金
多治米町でブティックジルーナを経営している、城南支部の佐々木協子さんは、『福山市繊維関連事業者応援金』を申請し無事給付されました。佐々木さんはコロナの影響で外出の機会が減り、買い物に来てくれていたお客様が来なくなり売上が減少したため民商に相談しました。「パソコン記帳のおかげで売上の減少率がすぐにわかり、国や県の給付金に申し込みができた。福山市が繊維業者に応援金を出してくれることは知ら無かったので、教えてもらえて助かった」と話してくれました。

班会で学習
城東支部では感染拡大防止協力支援金の早期申請の学習会を開催し、6名が参加しました。
初めに、8月20日からまん延防止措置が適用され、早期申請でもらえる支援金額が25万円から61万円になったこと、19時まで可能だった酒やカラオケの提供が全面自粛になったことを事務局員が説明しました。
「まだ2期分が給付されていないので、早期で給付される金額が61万円になったことは本当に助かる、あとはちゃんと早期で給付してもらえたらいいな」と声が上がり、参加していた飲食店を営む髙木幹夫さん=城南=と広川ノリエさん=城東=の二人が早期申請をしました。また参加者からの質問で「すでに早期申請をしてしまっている場合は増額されないのか?」の質問に「25万円の時に申請した人も61万円振り込まれる。
すでに振り込みが完了している人にも後日差額が再び振り込まれると県は回答していますので、安心を」と答えました。地域の飲食店会員にもこのことを教えて、早期申請を呼びかけようと決まりました。

現金回らず困った
緒方貞子さん=東3=は広島県感染防止協力支援金の早期申請のため民商に訪れ、無事申請が完了し、「従業員の休業手当ても払ってあげたいので、申請できて本当に良かった」と笑顔で話してくれました。「支援金1期、2期の給付がとても遅い、2期はまだ振り込まれていないでので困っています。そこにきてまた休業・時短要請がかかり、現金が回らず困っている状態。従業員にも手当を出してあげたいけど、出すに出せない状況なのでなんとか早期申請が早く給付されることを願っています」と現在の状況も話してくれました。

配達・集金を会員の手でやろう


集金配達は会員で現在、民商の各支部では高齢化の影響で新たな班確立や集金配達の組織建設の出来ていない地域が増えています。民商は「集まって、話し合い、相談し、助け合って、営業とくらしを守る」ことが活動の原点です。
地域の会員で協力し集金配達をすることで、日常的に声を掛け合い、多面的なつながりを強め民商活動の土台となります。今回、東1支部の手城小周辺地域を組織化しようと取り組みました。この地域は以前は専任配達地域でしたが、高齢化により配達集金が出来なくなりそれ以降は長年、担当事務局が集金配達をしていました。

まず初めに、地域会員の中川祥よしえ江さん=つづみ花苑・生花=にお店を集金基地にして頂けるようお願いをしました。中川さんは「長年、民商にお世話になっているので出来ることはやります。地域の集金基地なら協力できるのでいいですよ」と快く承諾してくれました。親の代から営む生花店の跡を継ぎ今年で8年になる中川さんは「今は一人で店をしているので出来ることは少ないですが、会員同士で集金配達ができるように皆に協力して欲しいです」と話してくれました。その後、周辺の会員さん9名にも声をかけて回り、皆さん承諾をしてくれ組織化することが出来ました。中川さんは「地域の会員さんと集金を通じて交流できるのは楽しみですね」と笑顔で話してくれました。

国民平和大行進2021 平和への願いを胸に福山を歩く 婦人部が行進団を激励

~日本政府は核兵器禁止条約に参加を~

5月6日に東京都(夢の島)を出発した「2021原水爆禁止国民平和大行進」が26日福山入りをしました。福山民商は婦人部を中心に冷たいお茶やアイスを差し入れて行進者を激励しました。大門町で行われた引継ぎ式には約50名が参加し、岡山からの行進団から横断幕などを受け取りました。原剛さん=城東・日用品卸=が行進に参加し、平和への願いをつなげました。コロナ感染対策としてマスクをしながらの行進で熱中症も心配される猛暑中、福山市役所までの道のり約10キロを元気よく25名が行進しました。

婦人部が活躍
休憩ポイントの手城小学校では福山民商婦人部の岡崎部長、松井、高橋両副部長が前日から冷やしておいたお茶やアイスを差し入れ行進者たちを激励し、参加者と交流をしました。

平和が全ての土台
松井さんが「原動力は何ですか?」と質問すると「平和は全ての活動の土台、この取り組みを最優先に取り組んでいます。意地です」と力強く答える参加者や「毎年平和の願いを込めて行進している。今年はコロナの収束も願いながら歩いています」など決意を話してくれました。無事に福山市役所に到着し、到着式を行っている最中、国が「黒い雨」訴訟の上告を断念したと大きなニュースが舞い込みました。行進団からは「核兵器廃絶に向けて一歩一歩、確実に前進している」「本当に良かった万歳!」との声が溢れました。

南泉・松永でも
翌27日には川崎則雄さん=城北・精肉店=を中心としたメンバーが山手南泉住宅で行進者を迎え、エアコンの効いた集会所を開放し行進者たちの疲れを癒しました。松永でも婦人部の芝内さん、事務局員達5名が行進者に差し入れをして激励し、猛暑の中行進する行進団を力づけました。東京から2ヵ月以上に渡り繋がれてきた平和への願いが託された横断幕を繋ぎ8月4日に広島市の平和記念公園を目指します。

全青協オンライン学習会 伝わる事業計画書の書き方

17日三原民商で全青協オンライン学習会を開催し、県内民商から10名が参加し、「コロナ禍で商売に活きる補助金獲得・経営計画書作り」を補助金獲得をした青年事業者の計画書を参考に採択されるポイントを学びました。

助金の概要
始めに講師の上品さん=中小企業診断士=は「小規模事業者持続化補助金はポストコロナを踏まえて新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入やその取り組みに資する感染防止対策投資を支援するもので補助上限は100万円(補助率3/4)です。採択が決まっても経費は先払いなので注意が必要です」と注意点を話しました。
次に計画書には何を書けばいいのか?との疑問について「自社の事業説明、コロナ感染症での影響や既に取り組んでいる経営対策、補助金を受ける新たな事業の内容やその事業を始めることによって得られる効果を分かりやすく5W1Hで書いていくこと。第三者が見て客観的に伝わるかを考えながら書いていきましょう。」と解説しました。

採択のポイント
採択されやすいポイントとして今回補助金を獲得した馬淵さん=中京民商・スナック=の計画書を見本に「事業をしている人物の顔が分かるように計画書内に顔写真がある事、補助事業を始めるきかっけとなった理由がお客さんとのエピソードを踏まえているのでリアルなこと、市場の動向が自身の商圏エリアに絞って記載されているので、ネットの情報のコピペでないことなど全体を通して第三者が見ても客観的にわかりやすい内容になっていることですね」と採択された計画書の良い部分を解説し、「重要なことは顔が見える、思いが見える、写真や図、グラフはほどほどに、第三者にいかに客観的に伝わるかが大事です」とポイントを教えてくれました。
最後に上品さんは採択されたら終わりではなく、そこからが始まり、補助金を活用してしっかり利益を追求していきましょう」と話し、学習会を締めくくりました。始めに講師の上品さん=中小企業診断士=は「小規模事業者持続化補助金はポストコロナを踏まえて新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入やその取り組みに資する感染防止対策投資を支援するもので補助上限は100万円(補助率3/4)です。採択が決まっても経費は先払いなので注意が必要です」と注意点を話しました。
次に計画書には何を書けばいいのか?との疑問について「自社の事業説明、コロナ感染症での影響や既に取り組んでいる経営対策、補助金を受ける新たな事業の内容やその事業を始めることによって得られる効果を分かりやすく5W1Hで書いていくこと。第三者が見て客観的に伝わるかを考えながら書いていきましょう。」と解説しました。
採択のポイント採択されやすいポイントとして今回補助金を獲得した馬淵さん=中京民商・スナック=の計画書を見本に「事業をしている人物の顔が分かるように計画書内に顔写真がある事、補助事業を始めるきかっけとなった理由がお客さんとのエピソードを踏まえているのでリアルなこと、市場の動向が自身の商圏エリアに絞って記載されているので、ネットの情報のコピペでないことなど全体を通して第三者が見ても客観的にわかりやすい内容になっていることですね」と採択された計画書の良い部分を解説し、「重要なことは顔が見える、思いが見える、写真や図、グラフはほどほどに、第三者にいかに客観的に伝わるかが大事です」とポイントを教えてくれました。最後に上品さんは採択されたら終わりではなく、そこからが始まり、補助金を活用してしっかり利益を追求していきましょう」と話し、学習会を締めくくりました。