福山民商共済会75歳迎えた会員へ記念品を贈呈

長寿を祝い笑顔あふれるこれからも商売、民商活動を楽しもう

福山民商共済会は、75歳の誕生日を迎えた会員を祝う「長寿を祝う会」を4月21日、民商事務所で行いました。新型コロナウイルスの影響で中止となっていましたが、5年ぶりに開催。西浜義夫さん=西・鉄工=、川﨑則雄さん=城北・精肉販売=、野島和子さん=神辺・美容院=の3名が参加。
共済理事7名がお祝いに駆け付け、祝福の言葉や記念品が贈られ笑顔あふれるひと時となりました。

共済会発展の歴史
新川政夫理事長が「おめでとうございます。これからも健康で元気に商売を続けていってください」とあいさつ。連続二桁拡大があと3ヶ月で40年を達成することや健康診断の参加者を増やす取り組み。国保引き下げを目指す署名活動。健康講座やバスレクリエーションなど、諸先輩方が積み上げてきた運動を継承し発展を目指す活動を報告しました。

健診の重要性実感した
西浜さんは、民間保険と連携していた共済から全商連共済へ移行してもらうため会員訪問をした苦労話を語り「信念をもって活動すること。意気込みが大切だと先輩会員から学んだ」と話しました。また、「健康でこそ商売繁盛。痛みがある状態では良い仕事はできないと実感した」と自らの体験をもとに健康診断の重要性に言及しました。

まだまだ商売頑張りたい

2年前まで共済会理事長を務めていた川﨑さんは「役員・会員、みなさんが協力して共済会を盛り上げてくれている報告が聞けて嬉しい。私も足腰を悪くしてしまいましたが、まだ、5年は仕事を続けていきたい。共に頑張りたい」とエールを送りました。長寿の秘訣とは?野島さんは「怪我や病気ではなく、お祝い金をいただけるのはありがたい。健康診断も大切ですが、私は食事と運動を大事にしています」と述べ、なるべく化学物質の少ない食材や調味料を使った食事を心がけ、月に一度、登山で筋肉を鍛えると長寿の秘訣を教えてくれました。
井上ゆかりさん=城東・喫茶店が「久しぶりにお顔を拝見できて、大変うれしく思います。これからも元気に商売と民商活動を楽しんでいきましょう」と結びました。

自主記帳で経営伸ばそう

民商は「心のよりどころ」交流深め、役員がアドバイス

福山民商組織対策部会は14日、今年入会した45名の新会員を対象に歓迎会を開催し、新会員5名、役員・事務局8名、合計13名が参加。民商の活動に触れ、支部役員とつながりを作る機会になりました。みんなで学習して自主記帳を進める取り組みや仲間が支援して税務調査とたたかう取り組みなど、民商の活動を紹介する動画を視聴しました。新会員が商売の事や入会した経過を話しました。村岡さん=建設業・城南=は「インボイスを登録して初めて消費税を申告しないといけなくなり、相談するなら民商しかないと思い入会しました」と話しました。

民商に活気!女性の起業多数
藤川さん=スナック・北=は「経験もなく、お酒も飲めないけど自分のお店を持ちたいと思い、昨年オープンしました。民商に入っている知り合いも多く、事務所に行くと親身に対応してくれたので入って良かったと思いました」と話すと、「店舗改装の工事で行かせてもらいました。ありがとうございました」と役員の濱田さん=内装・西=。藤川さんはびっくりした様子で「その節はお世話になりました」と思いがけない再開に驚きと笑顔がこみあげました。看護師の仕事を定年退職した後、食品の移動販売を始めた妹尾さん=西=は「仕事場の同僚から紹介されて入会しました。今まで申告したことがなかったけど計算の仕方を教えてもらい無事申告できました」と笑顔で話しました。

商売について交流
食事をしながらお互いの商売について交流。役員の大成さん=エステ・北=が「売上が伸びても利益が出ないのはなぜか分からなかったが、民商に入り自分で記帳ができるうちに数字で理解できるようになってきた。私は民商のことを『心の拠り所』と思っています」と自身の経験を述べました。
妹尾さんは「周りにお店が少ない田舎で育ち、魚屋さんや豆腐屋さんが売りに来てくれて助かっていました。ただ販売するだけでなくお客さんに喜んでもらえる仕事がしたいと思いこの仕事を始めました」と商売を始めたきっかけ話し、商品のチラシをみんなに渡しました。
最後に藤井会長が「これから支部や民商の総会があるので参加して会員とのつながりを作り、商売に生かしてください」と呼びかけました。

部員の頑張りで歓迎会、大成功
歓迎会を成功させようと組織対策部役員さんが分担して新会員へ参加を呼びかけました。部員の松本さん=美容院・城東=は「もう一人じゃないよ、何かあったら民商に相談して」という手紙と色紙で作ったバラを準備して参加。細谷さん=エステ・北=は参加できませんでしたが、参加者に喜んでもらおうとお弁当やお茶、お菓子を準備してくれました。

第55回重税反対全国統一行動in福山集会

インボイス廃止求め中小事業者がデモ行進 全国500ヵ所で6万7000人が一斉アピール
今年で55回目となる3・13重税反対全国統一行動福山集会、インボイス制度が実施されて初めての確定申告を迎え、約300名が集いました(主催:3・13重税反対統一行動福山実行委員会)。
集会後のデモ行進では「裏金議員に課税しろ!」「インボイス制度を廃止しろ!」と書かれたプラカードを掲げて元気に行進し、税務署では毅然と申告書を提出しました。
全国で同時刻に約500ヶ所、約6万7千人が参加しました。
司会を務めた国民救援会広島県東部支部の祝さんは、倉敷民商弾圧事件の経過を説明し26日に開かれる裁判の傍聴を呼びかけました。
政治を変えよう福山民商の藤井会長は「裏金を受け取り私腹を肥やす自民党議員は『申告するかどうかは議員の判断』と言い出し、国税庁も調査しようともしない。中小業者へは容赦ない調査を行いながら、さらにはインボイスも強行して地獄の底に落そうとしている。声を上げ、仲間を増やし、政治を変えよう」と主催者あいさつを行いました。

実行委員会団体を代表し福山医療生協の乃美専務理事は「岸田政権は43兆円という莫大な軍事費を生み出すため、増税とあわせて医療や介護の社会保障を削ろうとしている。誰もが安心して暮らせる社会の実現に一緒に奮闘しましょう」と挨拶し、日本共産党の河村県議は「みなさんが集めた署名が力になり広島県は1万6千円増税になる国保税の統一化を断念したが、福山市は黒字のため込み金がありながら、9千円も国保税引き上げ、介護保険料も7千円値上げしようとしている。4月に行われる市議会議員選挙で中小業者の営業や暮らしを守る政治を実現しよう」と述べ、予定候補の清原だいきさんと塩沢みつえさんを紹介しました。

税金の民商広がる基調報告を行った藤本事務局長は「インボイス制度の導入で多くの業者が不安を抱える中『税金は民商』と紹介が広がり、1月以降39名の入会で1000名会員を回復しました。あと4名会員を増やし、7年連続会員増勢を実現しよう」と訴えました。
集会後、3グループに分かれてデモ行進を行い、桒原さん=飲食業・料飲=はじめ3名が宣伝カーからアナウンスで重税反対を呼びかけ、各行進団からは野崎さん=屋根工事・神辺=など6名の役員が行ったシュプレヒコールに続けて「裏金議員を課税しろ」「インボイス制度を廃止しろ」と元気に声を出して税務署までデモ行進しました。税務署へ到着すると順番に毅然と申告書を提出。消費税の申告書を提出する人も増えましたが、提出方法の周知や税務署の受付け窓口の増設でスムーズに終えることができました。集会を成功させようと事前の打ち合わせ、会場設営や受付、宣伝カーの運転やアナウンス、行進団の誘導やシュプレヒコールを分担して取り組みました。ご協力いただいた役員、会員のみなさんありがとうございました。日本共産党の大平喜信元衆議院議員、広島県労働組合総連合の神部泰議長から連帯のメッセージが寄せられました。

福山市行政と懇談 物価高騰への業者支援を要請

「施策に活かせるよう検討したい」

福山民商は1日、昨年秋に福山民商で約700名、広島県で約2700名から集めた営業動向調査の結果をもとに福山市へ小規模事業者支援策の拡充を求め要請・懇談しました。
民商側は藤井会長、田頭副会長、藤本事務局長が参加。
福山市産業振興課の冨永課長はじめ3名が応対しました。
冒頭、藤井会長が「物価高騰の影響を受けた事業者で価格に100%転嫁できたのは僅か1割。
後継者がいる事業者の割合は25%と低く、このままでは事業者数も減少していく。地域経済を守るために事業を継続できるような支援を強めてほしい」と挨拶しました。
冨永課長は「国はエネルギー高騰対策としてガソリンや電気の元売り会社へ補助をしているがLPガスへの補助はないので昨年に続きLPガスを使用している事業者への補助、生産性の向上で業況を好転させる設備購入を補助する支援策を予定している」と回答。
藤本事務局長は「LPガスの使用は業種が限られる。三次や三原で取り組んでいるように物価高騰の影響を受ける全ての事業者を対象とする支援策を作ってほしい」と要望。
田頭副会長も「コロナ禍では国や自治体での支援で商売を継続できた。コロナが収まりかけ、支援策が無くなっていくと倒産や廃業が増えている。金額の大小ではなく、市が支援をしてくれていると思うと事業者も頑張れるので全業者を対象に支援してほしい」と要望しました。
冨永課長は「動向調査で寄せられた声を受け止めて施策に生かせるように検討していきたい」と回答しました。

福 山 市 へ の 要 望 事 項
 ①ネルギー価格高騰対策小規模事業者等支援金を創設してください
 ②家賃等固定費補助制度を作ってください
 ③創業支援を拡充し「創業しやすいまち福山」の 実現を
 ④支援金の支給要件においてし税の完納要件は 緩和してください

福山税務署交渉 安心して確定申告できる税務行政求めて要望

石原総務課長「事業者の立場になって丁寧に対応する」

確定申告の受付が目前に迫った6日、福山民商はインボイス制度の導入で初めて申告する小規模事業者へ寄り添って申告・納税相談に乗ることや税務調査の際に税務運営方針を遵守し納税者の理解と協力を得て進めるなど民主的な税務行政の実現を求め福山税務署に申し入れました。
(※申し入れ事項と回答は別項)
福山民商からは藤井会長をはじめ7名が参加。福山税務署の石原総務課長、柳本総務課長補佐が応対しました。

裏金問題調査せよ
自民党国会議員のパーティー券をめぐる問題で藤本事務局長が「議員個人が受け取ったお金を報告しないのは脱税行為。中小業者は税務調査で厳しく追及されるのに国会議員は許されるのか」と問うと石原総務課長は「個別具体的な話はできない。適正公平な課税の実現という立場で取り組んでいる」との回答に留まりました。

必要なら押捺を
e‐taxを普及させるため来年から申告書の控えに押おうなつ捺しないことについて石原総務課長は「融資等で必要な場合もあるが、銀行協会に収受があるものの提出を求めないよう要請している。どうしても必要な場合は履歴が残るe‐taxを利用してもらいたい」と回答。藤井会長は「納税者が提出した書類に収受を押してもらい、自分で保管することは納税者の当然の権利だ。必要な人には収受を押すよう国税局や国税庁に伝えてほしい」と要請しました。収支内訳書やマイナンバーについて、法律上は提出、記載することになっているが提出、記載しなくても罰則が無いことを確認しました。その後、3・13重税反対統一行動について昨年と同様、デモ行進後に参加者がそれぞれ申告書を提出することを伝え、スムーズに終えるよう要請しました。

「民商のお陰で審査早かった」

銀行本店交渉での要望実る
「事業を続けていくために融資を活用したい」建設業を営む夫津木誠さん=東3=は物価高騰で仕入の厳しい状況の中、安定して材料を仕入れるため運転資金として150万円の融資を申し込み実現。「これで商売を安心して続けることが出来る」と喜んでいます。

物価高騰で資金繰り難
津木さんは「物価が上がり次の現場に入るために準備する仕入もかなり高くなった。
融資を受けて当面の資金繰りを良くしておきたいので金融機関を紹介してくれませんか?」と相談。
対応した事務局員は「11月に金融機関の本店交渉をした際に、地元中小企業に最大限の融資を実行すること、高金利のローンに誘導しないことなど要望をしているので、さっそく備後信用組合に掛け合ってみましょう」と連絡をしました。

スピード融資
電話で対応してくれた備信担当者は「必要書類として、直近2年分の確定申告書と直近3カ月の試算表、印鑑証明を準備してください、用意してもらえたらすぐに審査に入ります」と答えました。
夫津木さんは提出物を準備し提出。日頃から帳簿を付けていたため試算表もばっちり、翌週には希望額の150万円で融資が実行されることになりました。夫津木さんは「昔、自分で融資を銀行に受けに行ったことがあるが、その時は時間もかかったし、金利も高い事業ローンを借りてしまい後で大変だった。でも今回は事前に民商が銀行本店と交渉してくれていたので、素早く融資も通り、以前より金利も安く借りることが出出来ました。感謝します」と笑顔で話してくれました。

年ぶりの自動車パレードを開催

ひと際目立つデコカーでみんなで楽しく街宣活動
福山民商は12月10日、7年ぶりに「インボイス廃止、消費税減税、ガソリン税凍結、イスラエルによるガザ攻撃の即時中止!福山民商自動車パレード2023」を行い、23人が参加しました。
入船交流広場で出発式を行い、藤井会長が「10月から制度が始まり、登録しないと値引きを強要されるなど事業者で混乱が起きている。インボイスで困っている業者に『民商が力になる』ことを知らせ、廃止を願う声を多く集めよう」と挨拶。

その後、11台の車が市内中心部を約1時間運行し、西支部の新井さんや有田さんのお孫さんが宣伝カーから「インボイス制度を廃止させよう」と元気よくアナウンスしました。7年ぶりの取り組みでしたが、1週間前から中央、鷹取、南、料飲、城南、北、城北支部の役員が事務所に来て模造紙に「インボイスをやめろ!」「平和でこそ商売繁盛!」と手書きで作ったり印刷した文字を張って色を塗る作業をしました。神辺支部は会員の看板屋さんに依頼しひときわ目立つデコレーションに。
当日は出発前に参加者がお互いに手伝いながら車に張る作業をしてもらい、始めて会う会員同士でも話しながら楽しくでき、事故もなく無事に取り組むことができました。
初めて参加した田辺敏則さん=建設=は「沿道の人に民商の意見をしっかりアピールできたと思う。初めてでしたが、参加できて良かった」と感想をくれました。

グルめぐり訪問を開催物価高騰で厳しい飲食店励まそう

千田町『ラーメン食堂ふくいち』を12名で訪問半年ぶりに

福山民商は11月21日、「コロナ禍、物価高騰で厳しい状況が続く飲食業会員を励まそう」と半年ぶりにグルめぐり訪問を行いました。
会員・事務局・家族12名が千田町の広江雄一さんのお店=ラーメン食堂ふくいち=を訪問。
はじめに幸千支部の塚崎支部長=管工事=が「グルめぐり訪問を通じて会員どうしのつながりが広がれば、民商の活動も広がります。ふくいちさんはラーメンだけでなく、どの料理も美味しいと評判のお店なのでこれからも利用してください」という挨拶で乾杯。
豚しゃぶ、刺身の盛り合わせ、焼き豚、唐揚げなどの料理を食べながら楽しく懇親しました。
初めて参加した山崎さん=屋根工事・神辺=は「唐揚げが美味しいし、大きいので食べ応えがある」と感動。同支部の野崎支部長=屋根工事=は「ラーメン屋さんでこんなおいしいお刺身が食べれるとは」とびっくりした様子。税務調査を通じて知り合った建設業の会員と再会し、「最近、税務調査が増えているので周りで調査を受けている人がいたら民商のことを知らせてください」と話しました。
高橋副会長=縫製・神辺=は今年入会した小林さん=縫製・神辺=へ「健康診断が無料で受けられるから家族も共済に加入してほしい」と訴えると小林さんは「前から考えていたので加入します」とその場で共済加入者も増えました。
広江さんが「コロナが収まってきても、まだまだ回復してません。今日は来てもらって本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べ、城南支部の岩部支部長=漢方薬局=は「お腹いっぱいになりました。またラーメンを食べに来ます」と話してくれました。

しまなみ信用金庫本店交渉

地域経済の活性化目指し支援進める反面調査についても対応を約束
広島県商工団体連合会(県連)は毎年県内に本店のある金融機関へ小規模事業者への積極的な金融支援、預金者の承諾なしの税務署の反面調査に応じないよう要請しています。11月8日、福山、尾道、三原民商の代表5名がしまなみ信用金庫の本店(三原市)を訪ね坂田常勤理事はじめ3名が応対しました。はじめに福山民商の藤井会長が要請書を手渡し「私たち小規模事業者はコロナ禍に続く物価高騰、10月から始まったインボイス制度の影響を受け厳しい状況です。事業者に寄り添った金融支援をお願いします」と挨拶しました。

一緒に改善策を
資金繰りについて清水融資部長は「取引先の実情を把握するために訪問や電話でヒアリングし、迅速な対応ができるよう体制を整備した。物価高騰や人手不足が特に大きな課題であり、状況をよく聞いて一緒に改善策を考えている。コロナ借換保証の伴走型支援は事業の規模に関係なく対応し、行動計画書も一緒に作成しているので相談してほしい」と回答。河村営業統括部長は「地域経済の活性化を目指し事業支援室を新たに作り5人の職員を配置した。販路拡大や事業継承に取り組んでいる。当金庫だけでなく信用金庫のネットワークを生かしたマッチングや外部の専門家とも連携した支援を進めている」と取り組みを紹介しました。

仕事支援も積極的に
福山民商の藤本事務局長が「コロナ前に機械を導入した看板業の会員が高齢を理由に仕事が減って困っている」と話すと河村部長は「その機械でどんな仕事ができ、まわりの業者との連携や、事業継承などあらゆる策を検討して支援していきます。当金庫の取引の有無に関係なく聞かせてもらいます」と積極的に対応する姿勢を示しました。
金融機関側も インボイスに困惑税務署の反面調査について坂田常勤理事は「預金者保護のため預金者へ連絡するよう支店に徹底している」と要望に沿った対応を約束しました。続けて「インボイス制度が始まり振込手数料を引いて振り込むときの『返還インボイス』についての問い合わせが多く、手を取られている」と困惑した様子。三原民商の寺田事務局長は「事業者にとって何のメリットもないインボイス制度を廃止させましょう」と共同を呼びかけました。

融資が通る資金繰り表の作り方

10月31日、経営対策部会は融資の際に重要視される「資金繰り表」について学習し、ZOOMも併せて11名が参加しました。始めに事務局から「資金繰り表とは事業の過去から現在までのお金の流れから今後の予測を表にしたもので、お金の流れが可視化されて経営改善や融資の際の説明根拠として活用できる重要な資料になります」と説明。実際に資金繰り表を用いて作成方法を解説しました。

参加者からは「過去の収支はわかるけど、未来の売上や支出はどうやって考えればいいのか?」と質問があがりました。事務局は「未来の売上の算出方法(※別表)は業種によって考え方は異なりますが、自分の業種に合った考え方に今までの経験や季節の変動をプラスして考えてみましょう。支出に関しては売上による変動の無い固定費(家賃や会費など)から先に計算し、売上によって変動する支出(仕入など)は先ほど方法で算出した売上に沿って原価率などを使い計算してみましょう」と答えました。

最後に以前、金融機関に勤めていた喜田さん=神辺・不動産=から「資金繰り表は融資の際に非常に重要です。売上を上げることが難しい今の時代は、支出を抑えて利益率を上げていく資金繰り表を作ることが融資が通るポイントの一つになっています」と自身の経験をもとにアドバイスをしてくれました。参加者は「実際に金融機関に勤めていた会員から話しを聞けてとても参考になった」と感想を話してくれました。