参議院選挙でインボイス中止、消費税5%引き下げを

三原民商は10日にインボイス対策学習会を昼・夜と開催し、4名が参加しました。国税庁から「重要、必ず一読ください」との通知が仲間のもとに送られ、疑問の声に応えての開催です。参加者はインボイス制度の内容につて学び合い、参議院選挙(6月22日告示・7月10日投票)で中止させようと話し合いました。

寺田事務局長が広島県連作成のインボイスパンフレットを使って制度の内容を解説。
インボイス制度は来年10月から実施される予定で、これまでは消費税納税の義務がなかった年間売り上げ1000万円以下の免税事業者に消費税の負担を強いる制度です。島谷さんは「今でも事業経費の仕分けが大変なのに、インボイス登録業者かどうかまで仕分けしていかないといけないってこと?さらに事務負担が増えるなんでとんでもない」と話します。学習会では自民党が軍事費のGDP2%と叫ぶも財源は明らかにしていない状況に、源田さんは「1000万円以下の売上でも消費税負担迫られたら商売をやめる方向で考えるわ!」と怒り、軍事費2倍化を目指すためのインボイス導入をこの7月の参議院選挙で中止させましょうと話し合いました。中小業者の営業とくらし、日本の針路にとって大切な参議院選挙が6月22日公示・7月10日投票で行われます。三原民商では「選挙に行って、変えよう政治」と呼びかけています。

消費税・インボイス
消費税10%増税・複数税率、コロナ危機、原油・原材料高騰など、中小業者の営業とくらしが危機的な状況にある中、最良にして最善の方法は消費税5%への減税です。世界的な原油・原材料高騰の中、世界では89ヵ国で消費税の減税が行われています。岸田首相は「消費税の減税は考えていない」とキッパリ反対しています。

平和とくらし・憲法
日本共産党をはじめとした野党は共同で消費税減税法案を出しました。日本共産党をはじめとする野党の前進で消費税引き下げ、インボイス制度を中止させましょう。ロシアによるウクライナ侵略という危機に乗じて、「軍事対軍事」で戦争への危険な道をすすむのか、「外交による平和」をつくりだすために力をつくすのか、日本は重大な岐路に立っています。岸田自公政権は、軍事費をGDP比2%以上にして、5兆円以上も増やす大軍拡をすすめようとしています。憲法9条改憲も狙い、維新の会も9条改憲案を示し、「核共有」を狙っています。民商・全商連は平和でこそ商売繁盛を理念とし、憲法9条を生かした平和外交で「紛争を戦争にしないための努力が必要」と呼びかけています。軍事費アップの負担は消費税増税、社会保障の改悪など、国民・中小業者への負担となります。安心して商売と生活ができ、平和とくらしを守り発展させるため、選挙に行って政治を変えましょう。

廿日市支部総会を開催〝独自支援金制度創設の働きかけをしたい〟

6月11日(土)に廿日市支部総会が廿日市中央市民センターで開かれ、12名が出席しました。
総会では一年間を通して廿日市支部に4名が入会し、西部民商が3月末を9年ぶりに増勢で終えたことが報告されました。
次に総会方針の提案と会計報告と役員選出が行われました。出席者との意見交換では会長より「地方創生臨時交付金が広島県に90億円、県内自治体全体では93億円の配分が決まっている。
廿日市市においても、この交付金を活用した中小業者への独自の支援金を作って貰うよう働きかけをしたい」と言われていました。
又、民商の存在を地域に知って貰うための取り組みとして「広電バス部分ラッピング広告」をこれから1年間、広島バスセンターと廿日市市の四季が丘間に走るバスに対して行うことを報告し、出席者から「広告料がいくらになるのか」「バスに貼るのはどんな文言なのか」等、質問が挙がっていました。
役員選出では支部長が交代になり、新たな廿日市支部の支部建設のスタートを切ることになりました。
総会終了後は懇親会が開かれ、久しぶりにあった支部の仲間とお酒を飲みながら美味しい和食と会話を楽しみました。

三次・吉田税務署と交渉

~周知が進んでいない。このままでいいの?インボイス制度~

6月3日、三次民商は、3・13重税反対統一行動で申入れした内容についての回答と交渉・懇談を行い、植野税対部長、奥田副会長、山田常任理事、佐々木理事、酒屋事務局が参加しました。吉田税務署からは平田総務課長と中野係長が、三次税務署から中野総務課長と松島係長が対応しました。

申入れ事項

①新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑み、任意の調査は控えること。現在継続中の任意の税務調査について、中止も含めて柔軟に対応すること

②コロナ禍で事業継続に努力をしている事業者の税負担を軽減するために、納税の猶予の特例(特例猶予)を再実施し、コロナが収束するまで納税を猶予し、延滞税を免除すること

③国民の多くが理解していない電子帳簿保存法に関わり、提示提出を強要し、帳簿の電子データの持ち帰り、青色申告の取り消しを行わないこと

④集まって教え合う民商の自主計算運動を認めること

⑤「給付金等の受給の確認」を口実とした調査・呼び出しを行わないこと

⑥未だに周知されていないインボイス制度の導入は、コロナ禍で疲弊した中小業者に追い打ちをかけるのは明白です。消費税のインボイス制度、電子帳簿保存法を廃止すること

⑦すべての税務署員が憲法順守し、税務運営方針を守ることを徹底すること

はじめに今の中小業者の窮状を訴えました。
ウクライナ戦争の影響で資材が高騰し、価格が転嫁できない状況で、畜産関係も大打撃を受けていることを伝えると、平田課長は「車関係が半導体の減少で工場がストップしていると聞いています」と回答し、中野課長は「コロナ禍の上に今の現状は今までよりも切実さが伝わってきます。必ず上級官庁に報告をします」と回答。植野部長は「必ず上げてください」と訴えました。

昨年11月に両税務署に交渉をした際に、インボイス制度の周知がまったく進んでいない現状でした。
半年以上経って世間的に状況が変わっていないと実感する中、相談会や制度登録など進んでいるかどうか聞いてみると、両税務署とも、「相談は多少増えているが、広まっているとは言い難い」とのことで、ほぼすべての事業者に関係するこの制度が来年に控え、全く広まっていないことが大問題です。

インボイス制度は日を追うにつれ、農業やシルバー人材への対応や電子帳簿法と合わせた国民監視の社会になるなど様々な問題点が浮き彫りになってきています。今までの商業間取引が人間関係の信頼から登録業者かどうかだけに特化されることになり、多くの廃業者を生み、中小業者の大多数である消費税免税業者が大挙して税務署に訪れることが明白であるのではないかと訴えると、両税務署とも「そこは危惧をしている」と回答し、やはりインボイス制度を廃止し、消費税率を元に戻し、地域循環型の経済にしていくことが、日本経済の立て直しの近道だと訴えました。

交渉の前日に、元国税局職員が持続化給付金詐欺で捕まったニュースに触れ、「申請が難しくてあきらめた業者もいるのに、このようなことがあるとまた申請が複雑になり、救えない業者が増える」と訴えると、「この件に関しては詳しい状況が分からないが、国民の信頼を失うことになるので非常に残念」と苦慮していることが垣間見えました。

税金対策部インボイス制度学習会を開催

福山民商税金対策部は、9日に部会を行い9名でインボイス制度の問題点について学習。税金について学びたいと3名が初めて参加しました。

商工新聞2022年6月13日付「インボイスはクリエイターつぶす」アニメ「呪術廻戦」の総作画監督を務めた西位輝美さんの記事を読み合わせました。「経費の少ないクリエイターは消費税が大きくなることがよく分かった。一人親方も同じことが言える」「消費税を払うために面倒な計算を押し付けられ、仕事をする時間も奪われたらどうやって払えばいいのか」との声が上がり、アニメーター業界の問題を改善するため勉強会を実施し、仲間と共に『この納期では厳しい』『もう少しギャラを上げて欲しい』と元請けと交渉している姿に、決まったころだからとあきらめず困っている自分たちが声を上げることの重要性を再認識しました。

インボイスについて学び消費税引き下げ、廃止への運動を広げるため

「ストップ!インボス学習会」を毎月開催することを確認。※表参照自主計算に力を入れることが、インボス制度と資材高騰に負けない経営を確立することに繋がると記帳学習会を計画しました。※表

田頭税金対策部長が「インボス制度の内容が明らかになるにつれ反対の声が広がっている。民商でも運動を強めて7月の参院選で廃止させよう」と呼びかけました。

 

国民健康保険料(税) 昨年比の売上・利益減少は減免制度も

皆さんのお手元に国保料(税)の通知が届いたかと思います。
収入が下がり、支払いが困難な場合の減免制度がありますので対象となるか確認しましょう。
コロナ減免と通常の減免制度があります。コロナ減免が当てはまる方はこちらで申請。
それ以外の方は通常の制度をご覧ください。

支部総会の全日程が終了 可部亀山は20名の大人数で楽しく開催

6月12日(日)に、可部亀山支部の総会をおこないました。
参加された皆さん、ご苦労様でした。コロナが続く集まりにくい時期でしたが、20名(うち子ども3名)もの方に参加していただきました。
中小業者の情勢や民商の運動について話し合い、支部会計の報告や役員選出など、みなさん大変協力的で支部総会を進行できました。ありがとうございました。
食事をしながら久しぶりに顔を会わせ、話も進んだようです。
話の中でもインボイスの事が気になる様子で、聞いてみたい思いを持つ人も多いうちに、支部としても学習会をおこなう必要性を感じました。
家族参加で孫や子供が来て遊んでいる姿を見ると元気をもらえます。小さな子供さんを育てる若い会員さんの参加があり良かったです。
食事を大変おいしくいただき、お土産もありがとうございました。顔の見える集まりを多く持ちたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いします。

荷を分かち合って頑張ろう!北広島支部総会で町政交えて学習に

6月12日(日)、北広島町の食事処「みちづれ」で、北広島支部の17回目の支部総会を開催しました。
小田支部長のあいさつの後、日本共産党の美濃町議から町政や国政の問題点などを報告してもらいました。
北広島町はこの間、国の地方創生臨時交付金で、町民に馴染みの少ない光ファイバー設備に多額の交付金を当てた事が問題になっていましたが、今後は町民に届く給付金等を検討するとの事でした。
インボイスの問題では、多くの農家が制度の事を「知らない」「良く分からない」状況だそうです。
国保(税)では、県統一保険料化で値上がりする国保(税)に対し、減額や子ども均等割り廃止などを求めていると心強い言葉もありました。議会準備で忙しい中、短時間ながら参加し話していただいた内容はとても勉強にもなり、運動の前進へ元気が出るものでした。
総会後の懇親会は食べきれないほどの御馳走が出され、みなさん大満足での交流となりました。

広島県青協が建設業キャリアアップシステム学習

広島県青協は6月3日に建設キャリアアップシステム(CCUS)学習会をオンラインで開催し、三原民商から会員・事務局員3名が参加。

広島民商会員で行政書士の小早川直美さんが講師を務めました。

令和5年度から建設業人材確保のため、政府が考えた導入制度登場の背景から登録方法について学びました。小早川さんは、「建設業界の人材不足改善・技能と経験に応じた適切な処遇を受ける環境作りについて、メリットとデメリットがある」と解説。

メリットは職人(技能者)のレベルが客観的に確認できる、レベルに応じた賃金を受けるシステムを構築中とし、デメリットについては登録料、現場利用料がかかる、実際に賃金アップにつながるのかは誰にも分からないなど、制度を分かりやすい解説し、参加者からの疑問に答えました。

参加した仲間からは「応援者の登録も必要になりますか?一人ひとり持っている資格も技術能力も違う中で賃金レベル内容を疑問に思う」と実情とシステム活用が話し合われました。

広島県連第53回定期総会

33年ぶりの会員増勢
消費税5%・インボイス中止目指し中小事業者で立ち上がろう
福山民商から15名が参加

広島県商工団体連合会(県連)は5日、広島市内で第53回定期総会を開き、代議員80名が参加(出席率86%)。33年ぶりの会員増勢で迎え、コロナ・物価高騰で苦しむ中小業者が立ち上がり、コロナ支援拡充、消費税5%への引き下げ、インボイス制度中止を目指す方針案を採択しました。福山民商から15名が参加しました。

活動の成果
加賀茂会長のあいさつに続き、寺田事務局長が相談活動の交流で月次支援金の不備ループを乗り越えるなどコロナ禍での要求解決に全力を挙げたことや、中小業者支援団体として広島県と個別会議を持ち施策の拡充を行ったこと、県連独自にインボイスのパンフを作成し学習を仲間を増やすために民商の魅力を深める交流会を行うなど33年ぶりに会員増勢を築いた活動を報告。集まって話し合う班・支部活動、会員訪問や連絡で一緒に商売を継続していくことや会員で5%増、読者で10%増の仲間増やしに挑戦する方針案を提案しました。

西濱会長の代表発言
6名が代表発言を行い福山民商の西濱会長は「1000名会員を回復できたのは役員や会員、事務局が何としても達成させようという意地を見せたから。維持し、対象業者比1割(1250名)という次の目標へ進んでいきたい」と福山民商の活動を紹介しました。方針案や決算・予算案が満場一致で採択され、活動の先頭に立つ役員も選出されました。20年間、常任理事を務めた西濱会長が今期で退任し「私が役員になってからずっと会員が後退してきたが、コロナで中小業者に寄り添って運動してきたので前進できていることが嬉しい。県連が大きくなるよう陰ながら応援させてもらいます」と挨拶しました。最後に団結ガンバローでこれからの奮闘を確認しました。