コロナ乗り越え新規事業に挑戦

多くの事業者が長引くコロナ禍で厳しい経営を強いられた2021年。様々な業種で廃業、倒産が相次ぎました。このコロナ不況を強い気持ち、努力やアイディアで乗り切り2022年を明るい年にしようと取り組んでいる会員をご紹介します。

佐藤雄治さん=東2・看板業=
看板製作・施行工事を手掛ける有限会社サトー看板を立ち上げて40年。そろそろ仕事を引退して老人ホームに行こうかと考えていました。
新たな分野へ挑戦
そんなある日、3Dプリンター紹介され、もともと関心はあったのですが、当時は色味も少なく、出来上がった製品の耐久性も良くなかったので導入はしませんでした。しかし今回した紹介された3Dプリンターは1000万色のフルカラーに対応でき耐久性も高く「これは皆の思い出の瞬間を形にできるかも」と感じ、佐藤さんのものづくりへの意欲が爆発。引退を撤回し、新しい分野に思い切って挑戦することにしました。早速3Dプリンターを購入し、3Dグッズ・オリジナルフィギュア事業を展開することに決めました。佐藤さんは「人生の中でとどめておきたい最高の想い出や気持ちを形にできれば宝物になる」との想いでオリジナルのフィギュア製作を始めました。

花嫁姿をカタチに
佐藤さんは「知り合いの娘さんの結婚御祝に娘さんの花嫁姿をフィギュアにしてプレゼントした時に「ありがとうございます。作っていただいて本当に嬉しい」と感謝の言葉に感激し「本当に作って良かった」と思いました。今年も最高の瞬間を形にして、皆さんに喜んで貰えるよう頑張ります」と新年の抱負を教えてくれました。

想い出を形に
フィギュアの大きさは、10cmから60cmまで作れます。費用は一万円~十万円と大きさによって異なります。注文して約一週間で引き渡せます。世界に一つだけの思い出の商品をつくってみませんか。きっと一生の宝物となるはずです。

三島恭子さん=誠之・サロン=
毛穴ケア・リラクゼーションサロンSunflowerを2018年7月に開業した三島さん。コンセプトは「子育て世代のお母さん、忙しく働いている女性、自分が使えるお金が少しだけという人に贅沢なエステではなく、気軽にリフレッシュしてもらえるサロン」で一人一人のお客様に向き合うために一日2人限定で施術をしています。オープンしたキッカケは結婚後、家事や育児に追われ疲れていた三島さん。近所にあったエステサロンで初めて施術を受けました。

私もこの道で
人を笑顔にしたい。自分で事業をしたいと模索中だった三島さんは「たった一回の施術で、肌が生まれ変わったと同時に、心も生まれ変わったような実感をし、私もこの道でやっていこうと決意しました」と話てくれました。仕事を掛け持ちながら、エステティシャンの資格を取得、念願の開業にいたりました。開業後もお客さんに喜んで貰えるようにさらに技術に磨きをかけたいと期間中は1人1回無料施術というサービスを実施し、お客さんに気軽にエステ体験ができたとたいへん喜ばれました。

技術を磨いて
「お金をもらえるようになるには、技術を身につけることが一番の近道」と語る三島さんはコロナ禍でお客さんが減り出来た時間も技術習得の為に費やしました。「毛穴ケアで悩んでいたお客様を思い出し広島県で初の「毛穴エクストラクションJAPAN」の資格を取得しました。少しでもお客さんのキレイと笑顔の為になることなら惜しまず技術を磨きます」と笑顔で語ってくれる三島さんの次なる目標は「自分の力では隠せないあざ等を化粧の技術で見えなくする『メディカルメイク』の資格を取ること。もっと笑顔で過ごせる人を増やすため頑張りたい」と計画しています。元気がもらえるエステサロンに足を運んでみてください。

”楽しい支部活動を”日常的に声をかけけ合うことが大事

北支部は12月17日に宮浦食堂で支部総会を開催し会員7名が参加。

寺田元子市議も参加し、12月議会で中小業者への支援制度の拡充を求めてきた様子を紹介しました。
西村支部長(会長)は「支部体制を確立して以降、みなさんと支部活動を進めてきました。支部活動が前進すれば要求運動も前進します。一緒に支部活動を前進させよう」とあいさつ。

寺田事務局長が班・支部活動について解説し、新しい役員体制を提案しました。

新しい役員体制は拍手で承認され、三原詰克彦さんが新しい支部長に選出されました。

三原詰支部長は「広島民商の四郎田さんという役員さんが支部長を受けたときの経験を聞き、すごい人がいるなぁと感心した。みなさんと楽しい支部活動を進めていきたい」と呼びかけました。

総会後の懇親会では、「民商から呼びかけてもらうまで月次支援金は知らなかった。本当に助かった」「飲食店への支援金も無事に申請ができ本当に助かった」など、商売や経験を交流し、「支援制度などはニュースでも紹介しているけど、自分は対象にならないと思い込んでいる方もいる。やっぱり日常的に声をかけ合うためには班・支部が必要」と盛り上がりました。

コールセンターはあてにならない?

これまで2回に渡り月次支援金の不備ループに陥っているAさんついての状況を書いてきましたが、12月24日現在もAさんの4~8月分の不備は解消されていません。
 先日、8月分の不備について支援金のコールセンターに問い合わせして不備解消の相談を行いました。
不備内容は「Aさんの商品の販売・提供先が小売業であることが確認出来ない」となっていました。
Aさんの商品の販売・提供先は誰もが知っている大手の総合専門小売業のB社です。
コールセンターからは誰もが知っている企業にも関わらず、小売業であることをAさんに証明してほしいということばかりで本質的な回答は返ってきませんでした。
AさんはB社のHPについて、企業概要や店内の写真でその会社のロゴが見える部分と自社の製品を販売しているところの写真を何点か用意して追加することにしました。
Aさんからは「日本人なら誰でも知っているような大手なのにB社が小売業であることを何で自分が証明しないといけないのか」と怒っていました。
中小企業庁の窓口へも自分の置かれている実情を説明しましたが全く相手にして貰えませんでした。
Aさんは「コールセンターに連絡しても実際に審査する審査部と繋がっておらず、話を聞いても人によって話が違ってくるし、素人のような対応なのであてにならない」と言われていました。
現在5ヶ月分の不備対応をしてますが再申請を何度してもその都度不備が出ている状況です。
まだまだ道のりは長いですが不支給にならない限りは諦めずに給付されるまで対応を誓うAさんでした。

消費税反対クリスマスデモ

消費税の導入が決まったのが昭和63年12月24日の国会でした。それ以来、消費税反対に賛同する各団体と「消費税反対各界連絡会」を結成し、毎年12月24日にデモ行進を行っています。

 今年も、約50人が参加し、広島民商近くの京口門公園から平和公園までを行進。ちょうどクリスマスイブということもあり、サンタなどの衣装で道行く市民の注目を集めながら、消費税減税をアピール。 コロナ禍の厳しい状況下で経済政策としても消費税の減税が有効であると広く市民に呼びかけました。

中小業者の危機打開に全力! 月次支援金・不備ループ突破も!

民商・全商連の運動によってつくらせた一時支援金・月次支援金。民商・広島県連でも活用を進めてきました。
昨年、広島県にも緊急事態宣言が出され、月次支援金の活用が広がりました。
多くの仲間が活用できた一方で、書類に不備があるとして対応を求め、対応しても次から次へと不備通知が送られる「不備ループ」に陥っている仲間が10人います。
年の瀬の迫った12月27日、2人の仲間が不備ループを突破しました。

広島西部民商 仲間の支えがあったから頑張れた <尹立軍さん・東是㈱>

尹さん(右)と関事務局長(左)

一人は広島西部民商の尹さん(健康・美容関連製品販売)。
昨年、知り合いから民商を紹介され、西部民商に入会した尹さん。
民商と一緒に持続化給付金・一時支援金を申請し、4月から8月分の月次支援金を申請しました。
時支援金は無事に実行されましたが、月次支援金は4月分を申請して2ヶ月間放置されたのち、不備の依頼が届きました。事業実態や反復・継続取引の確認として「3年分の帳簿・領収書を全て」など、必要以上の追加資料を求められました。
尹さんは民商事務所に通い、関事務局長と不備解消に向けて何度も申請するも改善されません。尹さんは「コールセンターに連絡するも1時間も待たされた後、質問に対して『具体的には教えられない』など、申請者に寄り添う対応が全くなかった」と振り返ります。12月2日、全商連が行った中企庁交渉に広島民商の高岡事務局次長が参加し、広島県内で不備ループになっている仲間の要望書を中企庁に提出。尹さんも要望書を託しました。一つ一つ不備解消を行い、12月27日、4月から8月申請分について5月を除いた4ヶ月分が実行されました。
尹さんは「不備への対応では、税務調査のように感じた。
民商に入って関さんをはじめ民商の支えがなかったら解決できなかった。
これから事業復活支援金も始まりますが、自分の経験を仲間の申請に生かしてもらいたい」と話します。


広島民商 これで年が越せる! <濵田榮さん 個人タクシー>

月次支援金の実行に喜ぶ濱田さん

広島民商の濵田さんは一時支援金と4月から7月分の月次支援金は全て実行されましたが、8月分から「提出した書類では給付要件を満たさない恐れがある。追加資料の提出を」との不備ループが始まりました。
濵田さんは「提出しているものはどの月も同じなのに、なぜ8月だけ?」と民商事務所に。松本事務局員と2019年から直近までの帳簿3年分、対象月・直近2ヶ月の全ての請求書・領収書など不備メールに対応。3回にわたる不備メールに対応し、マイページが振込手続中に変わりました。
濵田さんは、「一人では電子申請も、再三の不備メールも対応できなかった。
仕事中、月次支援金からくる不備のメールを受け取っていた時は『もうダメだな』と思ったけど、不備でストップしていた8月から10月までが年末に一気に振込中になったときは、『これで年が越せれる』と思った」と笑顔で話します。


広島西部民商 みんな仲間、だから頑張れる <西本要司さん ほてい屋>

「最後まであきらめない」と話す西本さん(右)と高岡事務局員(左)

月次支援金の不備ループを突破した仲間の喜びの声は不備ループ打開を目指す仲間の背中を押しています。
広島西部民商の西本さん(中古厨房機器販売)は7月と9月分の月次支援金を申請し、必要以上の追加資料を求められています。
12月28日、広島民商事務所では、不備ループ解消に向けた対応で、帳簿と領収書を整理し、対応する西本さんと高岡さんの姿がありました。
西本さんは月次支援金の事務局の対応について「不備の指摘には不透明感がある。何をどのように対応しろというのか指示が分からない。対面なら聞いて対応もできるのに、不備メール1本で知らせるだけ」と憤りを隠せません。
一方で「一人ではどうやっても対応は無理で、とっくに諦めていたと思う。民商に行くと『みんなが仲間』という感覚で、連帯感があるので頑張れる」と笑顔で話します。広島民商の高岡宣次長は「広島県から誰一人、不給付の方を出さないため、本人さんと一緒に頑張る」と話します。


申請期限が迫っています。再度確認を

  尾道市事業継続特別支援金1月7日まで
 
 ※ 国・県月次支援金10月分・1月7日まで

国・県の月次支援金、尾道市の支援金の期日が迫っています。
いずれも来年の一月七日が締切になっています。
先日、ある会員が九月分の申請ギリギリに相談に来て慌てて書類をそろえて申請した例もあります。
国、県の月次支援金は、十月分しか申請できませんが、尾道市の支援金は、五月~九月の申請ができます。
二〇一九年(令和一年)と二〇二〇年(令和二年)の申告書と今年の五月~九月の売上台帳を照らし合わせ確認して下さい。不明な点は事務局まで連絡を下さい。

尾道市事業継続特別支援金

【支給対象】
①尾道市内に本社又は本店を有し、事業収入を得ている者
※個人事業主は住民票の住所が尾道市内にあること

②広島県の「頑張る中小業者月次支援金」の給付対象者
※広島県感染症拡大防止協力支援金の給付対象者は対象外です。
※国と県の月次支援金の申請が必須ではありません。

③今後も事業を継続する意思があること

【支給額】
対象月(5月~9月)において、2019年又は2020年の対象月の売上(白色申告は年間の収入を12で割った金額を対象月の金額とする。)から2021年の対象月の売上を差し引いた額から、国の月次支援金及び広島県の月次支援金で補え切れない月の差額を、次の上限額で支給します。
中小法人 上限20万円 個人事業主 上限10万円

【申請期間 】
令和3年10月28日(木)~令和4年1月7日(金)

インボイス制度中止の声を広げよう!

12月2日に行われた理事会に役員6名が参加。

インボイス導入中止を求めて、他団体との懇談会を行うため学習を行いました。全商連作成のパンフを読み合わせ、質問を出し合いながら深めました。

「取引先からインボイスを求められたら、従うしかないが、家庭内職の人にインボイスは請求できない」「野菜をスーパーや道の駅に出している人にも影響がでる」「大変なことになるのに、知らない人が多い」などの意見が出され、まわりに知らせることが重要だと話し合いました。

また、春の運動スケジュールを確認し、学習会や書込会の日程、3・13重税反対全国統一行動を3月11日(金)に行うことを決めました。

オンラインで全国の婦人部とつながる/全国業者婦人決起集会

 ~元気な婦人部活動に笑顔広がる~
 
民商婦人部の全国組織である全婦協は12月5日、「コロナに負けない、困難に負けない、つながってみんなで生き抜こう」を合言葉に、オンラインで全国各県の会場から参加する全国業者婦人決起集会を開催。
全国215カ所で視聴し、三原民商婦人部も事務所に集まって参加しました。
三原民商の会場には兼森さん、染山さん、黒田さんが参加。

主催者あいさつで全婦協の塚田会長は「所得税法56条廃止、消費税減税とインボイス中止を掲げて運動し、コロナ禍のもと誰も取り残さないを合言葉に仲間を増やしてきた」と紹介。
国による事業者への支援制度について、声を上げ、売上減少要件を50%から30%に改善させてきたことに触れ、「中小業者への支援を充実させ、安心して暮らせる社会を一緒につくりましょう」と呼びかけました。
全国の仲間とのエールの交換では、北海道から沖縄までの各県の会場が順次モニターに映し出され、「○○県はたくさん集まってるね」「おそろいのヤッケが可愛い」など、創意工夫を凝らした参加に三原会場からも笑顔が溢れます。

集会には日本共産党の岩渕友参議院議員、社民党の福島瑞穂党首からオンラインで連帯あいさつが送られました。
たたかいの交流では、「夫が倒れ、親も調子が悪くなる中、婦人部の仲間が支えとなり事業継続に頑張れた。
その後、2人とも調子が回復した」「商工新聞は商売をするために欠かせない新聞。
知り合いにも広げている」など、全国各地からの報告に共感が広がります。
最後は、集会アピールを採択し全国の仲間とガンバロウ三唱し集会を締めくくりました。

12/1 庄原税務署へ申し入れ

新型コロナの新規感染者数が減少したこともあり、庄原税務署管内でも事後調査が始まっています。
庄原民商は1日、庄原税務署へ申し入れを行い、中小業者の苦しい現状を訴えました。

【申し入れ事項】

この未曾有の災害と言えるコロナ禍を乗り切るため、消費税を引き下げること。

大きな混乱を招き、中小業者に大きな負担を強いるインボイス制度の導入は撤回すること。少なくともコロナ禍が収束しない間については凍結すること。インボイス制度が国民に与えるメリットを示して下さい。

新型コロナ税特法の成立・施行により創設された「納税の猶予の特例(特例猶予)」が申請期限である2021年2月1日をもって終了しました。納期限から1年間、納税の猶予(特例猶予)が認められると同時に、延滞税は全額免除という画期的な制度のおかげで助かった事業者は数知れません。長期化するコロナ禍の情勢に鑑み、引き続き納税者の実態に耳を傾け、納税困難な納税者の相談に真摯に対応するようにしてください。★庄原市中小事業者月次支援金裏面に計算例と記入用紙がありますまた庄原民主商工会が出している『分納計画書』との併用を考えてください。

予想外に長期化する新型コロナウイルスの影響で多くの事業者は疲弊しています。こうした現状に鑑み、不要不急の税務調査はもちろんの事、徴収による臨場、呼び出しなどは厳に慎むようにしてください。

すべての税務職員が憲法を遵守し、税務運営方針を守ることを徹底してください

回答は旧態依然
松浦会長が申入書を読み上げ、小迫総務課長より「消費税やインボイスの税制については執行機関であるためコメントする立場ではない、納税者の相談には真摯に応じている、猶予については法令で定められた用紙の提出をお願いする、感染対策をし必要と認められる調査を行っている、電話・書面による行政指導も併用している、税務運営方針は職員に周知している」との旧態依然とした回答がありました。
松浦会長は「消費税が導入されてからの年、どれだけ事業者33が納税負担に苦しめられてきたか、このうえインボイス制度のような複雑な事務負担や、さらなる増税を課せられたのでは小さいところは廃業・倒産するしかなくなる、それでいいのか」と、怒りをもって訴えました。
「上級官庁へ伝えるのであれば、我々の苦しい現状も一緒に伝えてもらわなければ意味がない」と、重ねて要請。総務課長は「伝えます」と応じました。
最後に大澤副会長が「過疎が進む庄原から事業者がいなくなっては、ますます人がいなくなる。
若い人が夢を持てる庄原にするために一緒に知恵を出してほしい。」と呼びかけ申し入れを終えました。
毎年、判で押したような回答ですが、民主的な税務行政を求め、引き続き要請を続けていきましょう!

秋の運動、延長戦!12月5日、三次市まちづくりセンターに集合!

なんでも相談会、拡大行動、婦人部決起集会

三次民商の今年の秋の運動は会員、読者ともプラスの成果で終わりました。
ですがまだまだ奮闘しようと、組織運営委員会は拡大行動を実施。要求運動部の『なんでも相談会』、婦人部の『第17回全国業者婦人決起集会』と合わせ、役員、会員11名が参加しました。

拡大行動
10時にまちづくりセンターに集まった参加者は、宣伝カーとビラ配り組に振り分けて出発。
ビラ配り組は三次駅前を中心に3人が配りました。
宣伝カーは婦人部員3名が乗り込み、十日市から八次方面を宣伝しました。
お昼御飯を各々取った後、午後から再開。トータル百枚以上のビラを配布しました。

なんでも相談会
3名の相談者が来所。
ピオネットの告知放送を見てきた相談者は、月次支援金を初めて知り、市の支援金が受けれることが分かりました。

全国業者婦人決起集会
民商婦人部の全国団体である全婦協は、「コロナに負けない困難に負けない。つながってみんなで生き抜こう」を合言葉に、全国215カ所をオンラインでつないで決起集会を東京で開催。千人以上が視聴し、三次民商婦人部も2時から視聴しました。
6つの県からの「たたかいの交流」では、神奈川の協力金申請の取組と課税問題、滋賀や北海道の所得税法56条の運動から婦人部活動を広げていること、沖縄の辺野古新基地建設反対と名護市長選の支援などが報告され、多くの婦人部員に勇気と感動を与えました。
消費税インボイス制度の問題点を広く知らせ、「慌てて申請せず、実施までに廃止させよう」の宣伝や学習を強めることなど行動提起を確認しました。
参加者は「さまざまな取り組みを聞けて参考になりました。
特に京都婦協のにこにこ大作戦や100ポイント婦人部大作戦など県全体での取り組み、目標に向かって皆さんで協力し合って達成しようとする頑張りは、大変感動するものがありました。認知度を上げる為にニュースや県連のお知らせを活用するなど、行動力があり、皆さんのモチベーションも高く感じました」と感想がありました。
最後は決起集会のビラをみんなで掲げて『団結ガンバロー!』と締めくくりました。