皆さんの思い(署名)を大集会へ届けました!行動しなければ何も変わらない!

全国中小業者団体連絡会主催の11.6物価高騰対策、消費税増税、インボイス中止を求める大集会が11月6日(日)に東京芝公園で開催され、三次民商から高田支部の重信さん夫妻(スナック業)が参加しました。

大集会参加に合わせ、三次民商では役員を中心に集会参加の前日までの2か月間で182名の会員の協力でインボイス中止の署名を1445名分集め、これまでの集めた署名と合わせ2500名の署名を重信さんに届けていただきました。
集会に参加された重信さんは、「皆さんの署名の重さを感じながら集会へ行ってきました。少し道に迷いましたが集会前には到着でき、無事に署名をで渡すことができてホッとしました。集会には950名の参加でこの場所で間違いないかな?とドキドキでしたが、集会直前に無事に広島県の仲間と合流できました。
集会で印象に残ったのは私より若い新人の声優さんがインボイス制度で消費税を払うようになることでした。華やかな業界に見えて有名に慣れるのはごく一部。多くの声優さんは収入1000万以下の免税業者です。
自分達は商売として苦しいながらもやっていけているけど、夢の途中とも言える若い人たちに負担を負わすのは本当に可哀想に思いましたし、稼いでいる人から取ればいいのにと思いました。

集会後のデモ行進は初めは恥ずかしかったけど、いろんな人に見られることでインボイスのことなどが伝わると感じ、何もしなければ多くの人には伝わらないしわからないのだなと思い、行進の意味もわかりました。私より若い人たちの夢や希望を潰すようなインボイス制度には反対しかないと思いました」
と感想を寄せられました。
引き続き署名を集めています。ぜひ民商まで届けて下さい。

相談し学習して申請。コロナ支援

三次民商要求運動部では、長引くコロナ禍や物価高騰による厳しい営業実態に対し、数少ないコロナ支援を活用して乗り切ろうと9月、10月に学習会と申請相談日を設けた結果、支援が決定した会員から喜びの報告がありました。

【令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金】
《十日市支部 国保さん》 私は要求運動部長として活動を行っています。要求運動部として、申請のお手伝いを行っていました。25日、申請締め切りの10月末がせまり、年間収入や年間所得での計算を会員さんと色々行い、申請書を仕上げることができました。
その夜思ったのが「はたして自分はどうなのかな?」ということです。この間、木材が大幅に高騰し利益が圧迫していたからです。そこで駄目とは思っていましたが今年の1月から9月までのうち、一番収入の少ない月を計算し、表の中に当てはめてみました。すると年間所得ではなんとマイナスとなり該当することが分かりました。締め切りが迫っていたこともあって試行錯誤のうえ未明の午前3時まで数字とのにらみ合いでした。
2日後、他の会員さんと市役所に提出しました。たぶん受付で門前払いだと思っていましたが、そこで思わぬ展開に。担当者が提出書類を見て何の問題もなく受け付けていただき、後日、給付金が支給されました。今回のことで駄目だと思って何もしないより、自分自身行動を起こしていかないといけないと痛感しました。

《三次南支部Aさん》
今年、主人が亡くなり息子と一緒に事業を引き継いで頑張っていましたが、この間の資材高騰で営業が厳しい現状でした。同じ班の会員さんから「民商で給付金申請をしよう」と誘われ駄目もとで相談。何度か通って無事申請ができ入金されました。これで何とかやっていけます。本当に助かりました。

【コロナ禍による国保減免】
《三次南支部 山田さん》
私は要求運動部副部長として、なんでも相談会に参加しています。
相談会では国保の減免の相談もあります。
とかくいう私も国保加入者で、昨年はコロナの支援金を受給した影響で所得が増えて形になり、国保も3倍以上の金額に膨れ上がりました。その上、ガソリンの高騰で牛乳配達をしている私には大打撃。しかしこの国保減免制度が昨年の給付金を含まない計算方式なので難しいと思っていましたが、民商に相談して書類を作成し、三次市役所へ申請しました。後日、結果通知を開けてみると全額免除の決定が書かれていて、驚きと安堵が同時に。本当に民商に携わっていて良かったと思いました。

本店懇談・広島みどり信用金庫

物価高騰とコロナ禍による支援の充実を!

毎年、広商連は県内にある金融機関へ申入れと懇談を行っていますが、三次民商は庄原民商と一緒に庄原市に本店がある広島みどり信用金庫へ行いました。三次民商から国重会長、山田副会長、作田事務局長が参加しました。 

要望書
①コロナ禍、物価高騰で苦しむ事業者への資金協力を迅速に行ってください。特に資金供給(融資)は金額もさることながらスピードは命です。保証協会とも連携し、最大限の努力をお願いします。
【回答】
 最善を尽くし、スピーディー(案件や書類にもよるが1~2週間)な融資を心がけています。手形決済などは臨機応変に対応しています。


②コロナの長期化により返済に支障をきたしている業者の実情を汲み、返済期間や据置期間の延長、返済額の減額等の条件変更、借り換えや追加融資といった資金ニーズが必要となっています。こうした現状を汲み取り、最大限の支援を行ってください。
【回答】
 コロナで影響を受けられた事業者からしっかり話を聞き、条件変更等で対応しています。


③厳しい経済環境の下、財政内容(赤字)や過去の実績(一時的な遅滞や条件変更)、業種、年齢、性別、経験年数にとらわれず、中小業者の実情をきめ細かくお聞きいただき、ニーズにあった資金供給を迅速に行ってください。税金の滞納があっても分納や納税猶予など、納付状況や滞納の解消に向けた計画を元に弾力的に融資を実行してください。
回答】
 条件変更や伴走型融資で対応。状況によっては専門家を紹介する等の支援をしている。また本店と十日市支店で「よろず相談」を行っています。


④低利の公的融資制度など、中小業者に有利な融資制度を積極的に紹介・活用していただき、事業者の負担になる事業性フリーローンやカードローンへの誘導は行わないでください。特にキャンペーン等の理由での過度のお願いは行わないでください。
【回答】
 高金利な商品を勧めることのないよう、研修等で指導しています。


⑤税務署の調査に係る金融機関への反面調査(任意調査)の際には納税者である預金者本人に必ず連絡してください。
⑥預金者の財産と秘密を守り、納税者の権利を守る立場を堅持してください。また、預金者本人の意向を尊重し、預金者本人の意向を尊重し、預金者の承諾のない「調査依頼」には応じないようにしてください。
【回答】
 連絡をしている。コロナで調査が無いのでそういう経験も無い。


その後の懇談では参加した山田副会長は「借りても返す当てが無いので融資を受けないというのが現状。コロナ支援は所得税だけでなく住民税や国保にはね返り本当に厳しい。そういう状況を汲み取り親身になっていただき、国や自治体にも一緒に訴えてほしい」と吐露。みどり信金は「最近は保証協会付きの融資は負担を嫌い利用をためらう人が多い印象がある。なのでプロパー融資が多い。当行は地域に根差しているので地元の事業者を大切にし、三次、庄原を活気づけたい。それが次世代に繋がるという思いは同じ」と共有しました。

物価高騰とコロナ禍による支援の充実を!

悲痛な声を元に安芸高田市に要望と懇談

広島県連と広島県との個別会議を皮切りに各民商では自治体懇談を行っています。
三次民商は10月24日、安芸高田市へコロナ禍と物価高騰による支援を求め要望と懇談を行いました。
高田支部の植野支部長と八千代班の奥野さん、作田事務局長の3人が参加し、市から森岡産業部長、松田商工観光課長、藏城主事の3名が対応されました。
要望提出後、営業動向調査報告集を手渡し今の中小零細業者の実態を伝え、市側からの要望の回答後、懇談に入りました。

支援額の拡充を
懇談では安芸高田市が行っている『原油価格高騰緊急経済対策支援金』を申請した軽貨物運送業の奥野さんは「私の場合1~6月で3400ℓ使っているが、計算しても1万円しかなく金額が少ない。
倍の金額でやっと物価高騰分の支援にはなるが、今の金額(支援額)では支援とは言えないのではないのか」と発言。
また懇談には参加できなかった牛乳配達の会員からの「数千円の支援金と書類の準備を考えると申請を見送ります。僻地のお客様には配達中止の案内もし、生き残りを懸けた苦渋の決断も・・・」の声を植野支部長が代弁しました。
市側から「提出(申請)が少ないというのも事実。多くの皆さんから声も聞き、さらなる検討を考えている」と回答がありました。また添付書類にある市税の納税証明書についても、「検討・改善していく」と回答。懇談の最後、植野支部長は「市長にはマイナンバーに対し国に意見を挙げたのと同様に地元の中小業者を守るためにインボイス制度の即時中止を市として国に求めてほしい」と強く訴え、営業動向調査が力となった懇談となりました。

要望項目
1、振興条例の制定
答、過去にも話を聞いている。各市町の動向を見ながら考えさせていただく。

2、地方創生臨時交付金を活用した支援の拡充と市独自の支援制度の制定
答、昨年、市として応援金を実施したが今は同様の取り組みは考えていない。原油価格高騰緊急経済対策支援金は地方創生臨時交付金を活用している。さらなる対応については今後、考えて行く。

3、コロナ関連融資等の返済が始まる中、新たな支援制度を。
答、利子補給という声はある。できるかどうか検討中。

4、コロナ陽性に対する国保の支援制度創設

5、国保などの市税の減免に給付金等を除外しての申請を。

6、納税緩和措置の各種対応

7、コロナ感染の風評被害の払しょくの実施。支援の相談場所の設置。
答、部署が違うので、担当課に確認して後日報告する。

8、インボイス制度の中止
答、地方自治体として国が実施することに意見することは難しい。

三次民商婦人部定期総会 女性ならではの交流再開へ

三次民商婦人部は10月17日(月)のお昼に第41回定期総会を開催し、定数21名中16名(出席率76・1%)が参加しました。
冒頭、中西婦人部長は「物価高騰で転嫁できない中小業者がいるなか、インボイス制度が始まろうとしています。多くの部員がインボイスの学習をし、反対署名を集め中止させましょう。
この間、婦人部として集まれませんでしたが、これから集まることを再開し、部員同士の交流をしていきましょう」と挨拶されました。
その後、方針案では部員の方のアンケートで上位だった『ごちそうランチ』や『フラワーアレンジメント』を行うこと、簿記学校を早期に開くことなど集まって交流・学習することが提案されました。
 質疑応答では「婦人部独自で行っている健診助成金の対象を広げてほしい」との声が上がり、これまでは健診を受けた部員のみの助成金でしたが、検査や人間ドックなど幅広い助成金にすることを確認し、方針案、決算・予算案が全会一致で承認されました。 
また新役員も同様に拍手で承認され、総会最後に代議員の皆さんへ婦人部ならではのお土産のケーキセットがプレゼントされました。

ようこそ民商へ 2回目の新会員歓迎会

要求運動部は7月の歓迎会に続き10月15日に三次民商事務所の2階で2回目の新会員歓迎会を開催しました。
今回は新会員2名が参加し役員事務局4名と食事をしながら自己紹介や民商を知ったきっかけなど、和気あいあいと話し合いました。一般的には会うことのない異業種の二人でしたが、思い思いの話が出来て盛り上がっていました。
一番の話題は「インボイス」で様々な意見が飛び交いました。
職種は違っても皆さん一人ひとりが経営者で免税業者はどうしたらいいのかなど意見交換しました。
今後の会員同士の交流や運動活動の協力を約束し楽しい一時間を過ごしました。
これからも部として会員同士の企画をしていきます。

━要求運動部長 国保幸男━

10月は助け合いの輪を広げる期間です♪チラシを活用して仲間を増やしましょう!

広商連共済会が10月を強化月間と決めたのを受けて、三次民商共済会は9月22日に理事会を開き、具体的に運動方向を決めました。

① 10月13日の三次民商共済会定期総会に共済給付の学習会を開催します。

② 三次民商の拡大チラシを作成し、班会や学習会で配布します。

早速、コロナでの給付が拡大に
家族の大半がコロナに感染した十日市支部のAさんは民商ニュースを見て申請に来られました。
「自分がまさか感染するなんて。民商共済があって助かる。同居家族をもう一人入れたいんだけど」とついでに加入手続きを。
強化月間で幸先いいスタートになりました。

令和4年度 住民税非課税世帯等対する臨時特別給付金 申請期限が迫る!!

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面する方々への生活・暮らしの支援として、
令和4年度住民税非課税世帯に対して、1世帯当たり10万円が給付されます。
また住民税課税世帯でも、家計急変世帯として対象になる可能性があります。

1、住民税課税世帯
 ○対象者=令和4年度分の世帯全員の住民税均等割が非課税である世帯。
 ※世帯全員が住民税課税者に扶養されている場合は対象になりません。
 ○申請手続き=各市から確認書又は申請書が届くので期限内に市へ返送します。

2、家計急変世帯
 ○対象者=令和4年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少し、令和4年度分の住民税均等割が課されている世帯員全員のそれぞれの年収見込額が、住民税均等割非課税相当水準以下の世帯の方
 ○支給要件=世帯全員のそれぞれの令和4年1月以降の申請日の属する月までのどこかの月の収入を12倍した金額(年間収入見込額)又は年収見込額から経費等を引いた金額(年間所得見込額)が住民税非課税世帯の水準になる世帯
 ○申請書類=①申請書 ②簡易な収入(所得)見込額の申立書申請書別紙 
 ③申請・請求者本人確認書類の写し④受取口座を確認できる書類の写し 
 ⑤「簡易な収入(所得)見込額の申立書」に記載した、「令和4年中の収入額または収支が分かる」の状況を確認できる書類の写し(コピー)

申請期限

安芸高田市 9月30日

三次市  10月31日

熱い論議を展開 インボイス学習班会

上原・岡竹・南畑敷班
8月18日に三次民商事務所で行い、4名が参加しました。
参加した会員からは「今回で2回目だけどまだわからないことだらけ。こんな制度やめればいいのに」と感想が。
国保支部長は「まだまだ知られていないので中止させることは可能だと思う。多くの業者に知らせていきましょう」と呼びかけました。

酒屋・青河・秋町班
8月19日に三次民商事務所で行い4名が参加しました。
参加した会員から、「元請けからインボイスの書類が届いた。どういうことだろう」と相談があり、
「まずは同封のアンケートに答えてから、どう判断するかを検討しましょう」と話しました。
不動産がある会員は「自分には関係ないと思っていたが一概には言えないんだね」と参加して学習した意義がありました。


神杉班
8月19日に神杉コミュニティで行い7名が参加しました。
消費税のそもそもの話になり、免税業者は元より課税業者の参加者でも「理解して納税しているかといえばそうではない。
多くの事業者がそうではないかな」と国民が消費税の仕組みを理解していなくて払っていると異口同音に。
90代の会員も「前回、分からなかったから今回も聞きに来た」と参加し、何とか理解しようと頑張っています。


班会が終わり、ある会員は「インボイスにコロナの感染、戦争に統一教会など、全く良いことがないね」とため息が出ていました。

インボイス学習班会

寺戸班
7月15日に寺戸集会所で行い4名が参加。講師に高橋支部長と綿岡さんがつとめました。

神杉班
7月20日に神杉コミュニティで行い3名が参加しました。
制度を聞いた免税業者の会員から「もともと登録しなければいけないと思って準備をしてたけど、ちょっと吟味が必要だと感じた。登録ありきではないね」と感想がありました。
また農業はどうなるのかとの質問に、講師をした山田支部長は 「自分も知っているJAの支店長に聞いてみたところ、上から何にも指示が無いのでわからないと言っていました。
広島県の農協は合併問題があるのでそちらの方で忙しいとのことです」と話し、今後状況が変わってくるので班会に参加するのが一番良いと確認し合いました。

三和支部
7月19日に元板木保育所で行い13名が参加しました。
学習前に出来あがったばかりの実態調査アンケートを書いて学習会が始まりました。

多治比班
7月21日による6時半から高田事務所で開きました。
久しぶりの班会でしたが、事前の呼びかけもあり、5名が参加しました。
最初に新班長の木坂さんから班長就任と協力のお願いがあり、県連の実態調査アンケートを記入。一つひとつ読みながら「覚えてないな~」「自分ところはどうだったかな」と思いだしながら書いていました。その後学習会へ。参加者は免税事業者と課税事業者の半々のなか、今の消費税の仕組みとインボイスが始まったあとの仕組みを学び、インボイス制度が免税事業者にとって大ダメージで納税負担がおおよそこれぐらいになるのを見るとため息が止まりませんでした。
しかし一回学習しただけでは理解ができないので、新班長から毎月班会を開き、学習を進めようとの提案にみんなも同意。毎月第3木曜日の夜に開くことを決めました。

甲田3・4班
7月22日夜7時から班長の中村さん宅で班会を行い5名が参加しました。
若い事業主夫婦も参加され、最初に総会方針を渡し、会費の値上げのお知らせを読み合わせ、実態調査アンケートを記入。「コロナ前の売上って覚えてないなあ」と一部すぐには書けないところもあり、あとは学習会が終わったら記入することになりました。
参加者全員が課税業者だったこともあり、消費税の仕組みや負担はわかっていましたが、デメリットばかりで全商連のパンフを見て、現時点で登録が必要ないことで一安心。 甲田3・4班も定例班会になっていませんでしたが、毎月第4金曜にすることが決まり、班長の中村さんは「久しぶりの班会。皆さん来てくれて嬉しかった。これから順調に続けていきたい」と感想を寄せられていました。