感染拡大防止協力支援金 何とか入金され安堵・みんな給付金出るのか不安に思っている

6月2日から申請が始まった、飲食業者への『広島県拡大防止協力支援金』。
三次民商会員も随時申請をしてきましたが、一か月以上経ってようやく支給が決定した会員が少数という状況です。
支給が決定した十日市支部の元石さんに話を聞きました。
元石さんは、『やき串専門 串げん』という焼き串屋を営んでいます。
一昨年、父親から2代目を引き継ぎ老舗を守っています。(下記参照)

お店は5月16日からの緊急事態宣言の影響で休業。約一か月、収入が無くなることになり、借入金で何とかつなぐ状態に。支援金のことを知り、早速、5月に三次民商で行った支援金の説明会に参加。広島県のホームページで申請書類を用意しました。元石さんは「今回は持続化給付金の時より、提出書類が多く、すぐに支給されないだろうと思ったので、とにかくスピード感を持って無収入の期間を出来る限り短く、と心掛けた。」そうです。
第1期の申請が始まった6月2日の10時に民商に来て、用意した書類の最終確認をして、すぐに郵送をされました。
一か月経った7月2日に入金となり、「本当に安堵した」そうです。休業期間中は仕入れには行かれないし、取引業者も来ないので、情報を得るのが難しく、感染症拡大のニュースを見るたび気持ちが落ち込んだことも。お店の椅子等を修理して気持ちを奮い立たせていました。
6月21日に、宣言が明けてようやく営業再開。「お客さんが来てくれたときは嬉しかった。だけど宣言前には全然、戻ってない。9時過ぎにはお客さんは帰られるので1回転すればいい方で、それ以下の方が多い」と厳しい現状を。
「支援金がまだまだ支給されていない同業者がたくさんいると聞いている。自分は家族経営だから乗り越えてこれているけど、従業員がいたら大変だったと思う」と語った元石さん。
「今回も民商に力を借りて助かった。いつでも民商に相談に行けるよう心がけているよ」と感想を述べられました。 

安芸高田の会員に支援金入金! 「これで商売やっていける!」「仲間の大切さを感じた!」

「国の一時支援金が入金された!」と嬉しい報告が、6月末に民商に届けられました。 
一時支援金は、今年の1月から3月の緊急事態宣言による外出自粛の影響などを受けたことが条件で、今年の1月~3月の売上が前年、前々年の売上の同月比と比較して、50%以上減少している場合、最大で法人は60万円、個人事業者は30万円が支給されます。
当初、安芸高田市は対象地域外ということで、地元の商工会も含め、制度の告知や申請は皆無でした。
そこで三次民商は、一時支援金事務局に確認したところ、安芸高田市の業者も対象となることが分かり、4月末から『民商ニュース』や『支部だより』で知らせてきました。
申請期限が5月末ということで、準備や申請が間に合うか心配でしたが、これまで5人の会員が申請を行いました。その後、不備メールが来る会員もありましたが、6月末までに2名の会員に入金されています。
手記が届きましたので紹介します。

高田支部向原班 『ブティックノルド 仲肥 久美』
5月に入り、いつも届けていただく商工新聞(民商ニュース)を読んで、一時支援金のことを知り、私の店も該当するのかと思い、すぐに民商に相談しました。
対応してもらった事務局長に「私の店も支援金の対象になりますか?」と質問したところ、「おそらく対象になります」と返答があり、さっそく書類を準備することにしました。
まず5月13日に高田事務所での説明会に私を含む2名で参加し説明を受けました。
かなりの書類の準備が必要でしたが、次の日に2019年から2021年までの売上等を持っていき、確認してもらうと対象になることが分かり、さっそく私のスマホで申請することにしました。
私はスマホを一応持っているだけで申請の仕方もわからないので、教えてもらいながらまずは登録。昨年の持続化給付金と違ったのは、事前確認が必要であることでした。
事前確認機関の広島市信用組合に連絡を取り、17日に資料を持って吉田支店で確認していただきました。信用組合の方も通常業務のある中、親身になって手続きをしてくれて大変ありがたかったです。
次の日には市信用から確認終了の連絡があり、「出るか出ないか分からないけど、とりあえず申請してみましょう」と後押しされて事務局長と一緒に申請を終えました。
それから1カ月が過ぎ、私も「やはり出なかったんだなぁ」とあきらめかけていましたが、6月28日の向原班会に参加した時、事務局長から「メール確かめた?」と言われ、その場でスマホを確認。そうすると、21日に入金完了メールが届いていて、班の仲間から「良かったねぇ」と言ってくれて本当に嬉しかったです。
毎月の支払いなど大変な思いをしてたので、30万円はとも助かりました。
くさらずに頑張らなくてはと思いを新たにしました。

高田支部美土里班 『佐々木薬品 佐々木 克義』
コロナ自粛の影響で、広島県の個人消費が落ち込み、商売的にもうそろそろリタイヤしようと考えていた時、高田事務所で他の会員に一時支援金の説明をしている事務局長の話が耳に入ってきました。
商工新聞で知ってはいましたが、私には当てはまらないと勝手に思っていました。「対象になるのでダメ元で申請してみたら・・・」と言われ、書類を準備することに。
当初、サポートセンターに申請に行ったところ、担当者に「該当しない」と言われがっかり。やっぱりダメかと思っていましたが、頼ることろはやっぱり民商と思い、期限最終日に間に合うかどうか申請しました。
事前確認は商工会はサポートセンター同様の対応と聞いていたので、付き合いがなかった広島市信用組合に相談。親身になって確認していただきました。
一ヵ月後、入金完了メールが届き、無事入金されていて、大変嬉しかったです。
このことを植野支部長と事務局長に報告したら私以上に喜んでくれ、民商はやっぱり仲間だなぁと実感しました。
皆さん、仲間のため、県北の商売人のため、支援金のことをできるだけ、多くの人に伝えてあげてほしいです。

ニュースをよく読むことが大切!

様々なコロナ支援制度があるなか、民商ニュースでお知らせした、安芸高田市の『頑張る事業者応援金』を高田支部の松本さん(美容)が申請を行いました。
ニュースは見ていたけど、自分は関係ないだろうと思い込んでいた松本さん。
役員会時に応援金の話題になり、対象になることが分かり、さっそく民商事務所で申請準備に取り掛かりました。
申請準備に来られた松本さんの娘さんは「色々と準備をする書類があって大変だと思ったけど、事務局に手伝って用意をしてもらって、申請書の書き方も直接教えてもらいながらできました。とても助かった!」と嬉しい感想。

毎週発行する民商ニュースは、国や各自治体などのコロナ支援制度などをいち早くお知らせしています。
自分が対象になるかどうかも含めニュースをよく読んで、わからないことがあれば、その都度、説明会などに参加しましょう。

第3回健康サポーター養成講座

~テーマは運動/ストレッチで筋力低下を痛感~

5月19日、三次民商婦人部は第3回の健康サポーター養成講座を、社会福祉保健センター研修室で行いました。
部員8名の参加で、広島医療生協の松田さん、山口さんに講師をしていただきました。
今回のテーマは「運動」で実践はストレッチを行いました。

講義では・・・
健康寿命を延ばすことが大切だと教えていただきました。
健康寿命とは、健康上の問題が無い状態で日常生活を送れる期間のことです。
平均寿命はこれに介護などの必要な期間を含んで言います。

介護に必要となった原因として、
1位 脳卒中 
2位 認知症 
3位 高齢による衰弱
現在の介護期間は
男性 約9.13年
女性 約12.68年

筋肉が弱くなったら転倒リスクは4.4倍になり、健康寿命は短くなります。
30歳以降、筋肉は驚くべきスピードで減っていき、70歳になる頃には20代の3分の2まで減少します。
30・40歳だから安心ではなく早いうちから始めるのが大事です。
また筋力トレーニングの効果は90歳でも得られます。

では安全で効果的に行うには、  
①低回数頻度
②「しんどい」と感じる前にやめる
③体調の変化を感じ取るのが心得だと講義を受けました。

実践では・・・
手を挙げて30秒維持や、片足立ちでどれだけ保てるかなど、様々なストレッチを実践しました。
中でも片足立ちで1分維持できたのは3人で「日ごろの生活でも片足立ちをしてみようと思う」「いざチャレンジしてみると年相応に衰えていることにショック」などの感想が。 

講義していただいた山口さんは「一般にはストレッチといっても、一部の身体だけを動かしている人が多い。
参加者の方の中には農作業やウォーキングをしている人がいますが、体全体を動かしているわけではないので、窓ふきなどの日常生活の中で意識することで、良い刺激になり年齢が高くても筋肉がつきます。また、片足立ちは1分はできるようになればいいですね」とアドバイスをしていただきました。

民商で申請 受給でホッと一息、大変助かった。

~三次市中小企業者応援給付金~

三次市の中小企業者応援給付金制度で、民商の多くの会員から受給の喜びの声が届いています。
この制度は広島県の『新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店』が必要です。そこで該当する会員は、民商に相談に来て一緒に申請していきました。決められた業種しか出ないのが難点ですが、売上が30%以上減少している中小業者からは命綱となっています。

受給に感謝
三次支部・市川さん〈ボーリング機器販売)は、売上が減少し、何か支援制度がないかと「みよし民商ニュース」を見て、この制度を知り、民商と一緒に申請をしました。市川さんは「令和3年4月19日、民商の三次市中小企業者応援支援金に関する学習会に参加し、そこで学んだ支援金交付申請方法に沿って書類作成開始。令和3年5月7日、再度民商に出向き、出来上がった申請書類に間違いがないか判断を仰ぎ、翌日8日に市の方へ郵送しました。
何と5日間で給付金が振り込まれました。三次市の対応の速さには驚くとともに頭が下がり、感謝するばかりです。同時に民商のご助力にも感謝して止みません。
私の商売はコロナ禍で今年に入って全く思うに任せず、商談は激減という状態でした。そんな中、各種税金の支払いや、月々の決まった支払いの負担は重くのしかかっていましたが、応援金の受給でホッと一息ついたというのが偽らざる気持ちです」と感想を寄せられました。

その他にも続々受給
Aさん(美容)は、民商ニュースで給付金を知り、自分でやってみたが、宣言店の登録がうまくいきませんでした。そこで民商に相談し、無事登録完了。その足で市役所に申請して、受給されました。通知書を持って報告に来られたAさんは「大変、喜んでいます」と感想を述べられました。 
Bさん(自動車販売)は、自分は対象業者なのか民商に相談。申請書類を確認しながら作成していきました。後日、「アドバイスしてくれてありがとう。助かりました」と連絡がありました。

第2回健康サポーター養成講座

~ドキドキしながら実践 テーマは尿と血圧~

こんなコロナ禍でも健康について学ぼうと婦人部は4月28日に第2回健康サポーター養成講座を行い、8名が参加。今回も広島医療生協県北支部の松田さんと山口さんに教えていただきました。

まずは血圧について学びました。最大血圧が140mmHg、最小血圧が90mmHg以上の方は高血圧と診断され、様々な病気の原因となります。参加者は1人1人、血圧を測って自分の数値にアドバイスをもらっていました。

また代表して国政さんに、脈の一番大きい所と小さい所を実際に聞いてもらい、いかに血液が大事かを痛感していました

尿は腎臓から作られます。ウロペーパーを尿に浸して色々なことがわかるのですが、今回はコロナ禍でもあり、控えました。尿や血圧についてじっくり勉強した第2回講座でした。

民商と一緒に申請  持続化補助金、無事採択

=高田支部・重信さん(スナック)=
苦労して何とか申請
一昨年入会した重信さんは、このコロナ禍で昨年から民商で一緒に様々な給付金申請を行うなか、コロナ支援学習会に参加した時、持続化補助金を申請してみたいと思い、申請準備に取り掛かりました。
事務局と一緒に書類や請求書の準備を行い、申請書と作成。計画書は困ったことだけではなく、どう商売を発展させていくのかを強調しました。当初予定していた計画を何回もやりかえ、申請期限ぎりぎりの昨年9月末に申請書を完成させ、提出することができました。

採択され大変嬉しい。けどもっと早ければ・・・
申請から約4カ月たった2月5日、持続化補助金の第4次分の採択結果が発表。ネットでの結果通知を確認したところ採択された業者の欄に重信さんのお店の名前が。採択されたのは大変嬉しかったのですが、昨年中に設備をしようと思っていた感染対策なので、もっと早くしてほしかったのが本音でした。
採択後、すぐには設備することができず、今になって申請書の修正を求める文書が届き、民商と一緒に進めています。
ですが1人では申請書や計画書を作成することができません。当初の計画を変え、今必要な設備ができるよう、申請書の修正を行っています。時間はかかりますが、「あきらめず安心して商売を頑張って続けられる」と喜んでいました。