ブロック別要求運動交流会・北部3民商

広島県連は県内の民商を3ブロックに分けて、要求運動交流会を開催し、北部ブロックの民商(三次、庄原、広島北)が10月3日に三次民商事務所で開催し、全体で19名(三次民商からは5名)が参加、午後1時から4時まで大いに交流し、「秋の運動」と全商連70周年記念集会に向けての前進の決意を固め合いました。

各民商の取組を交流
相談活動では三次民商の国保要求運動部長が「会員は民商=事務局員という意識があるが、役員で相談に乗れるよう頑張っている」と話し、作田事務局長は「仲間がいたから給付金がもらえたという声が広がっている。
相談に乗ってくれた役員の支えが力になったと話しています」と経験が紹介されました。
参加者からは「会内から相談が少ない現状がある。
困難を抱えている仲間をどのように察知していますか?」など、交流が深まりました。

組織拡大について
司会をした陶山広島北民商事務局長は報告と問題提起に沿って、「前進とは何か?」と参加者に問いかけ、要求を実現した仲間に民商ニュース登場してもらう工夫など各地の経験に学び合いました。
三次民商は支部や班の集まりを他の民商より、多く集まっていますが、なかなか集まりの優位性が組織拡大に活かされていない状況を報告し、四朗田県連副会長からは、「自身を持って民商を紹介してほしい」と経験を話され、再度、三次民商でもこうした意識を高める組織活動が必要だと感じました。

インボイスでも大いに交流
庄原民商の松浦会長は「みなさん、インボイス制度で署名を一言で相手に訴えるとき、私の場合は売上が1千万円以下の業者をつぶす制度と説明しています」と自身の経験を紹介し、三次民商でも役員会や班会で話をしているなど議論を深めました。
参加した国保要求運動部長は「三次民商で足りないところは、一部の役員しか動いていないところ。役員が会員を引き込み、会員同士をつなげるためには班会への参加呼びかけが必要だと感じた」、高橋組織運営委員長は、「要求運動と組織建設は一体。別々ではなく、共同してやっていくことを探していきたい」と決意を述べられました。

相談会に参加して良かった 月次支援金給付に喜び!ー新会員の浦上さんー

7月に入会した新会員の浦上さん(三次支部)が国の月次支援金が支給された報告がありました。
浦上さんは長らく介護タクシーを個人で経営していましたが、昨年のコロナ禍で顧客の外出自粛により、
売上が減少。
昨年は『持続化給付金』で何とか乗り切れましたが、今年に入り、さらに売上が減少していました。
そのようなとき、ピオネットで、三次民商のなんでも相談会を知りました。
浦上さんは「月次支援金とは?持続化給付金以外は無いのでは?」と思っていましが、
思い切って相談会に参加してみました。
対応した要求運動部の国保さん、山田さんから月次支援金の説明を聞き、支援金を受けることにしました。
なんでも相談会や民商の申請サポート日に何度も足を運び、事前確認には広島民商の力も借りて、締切間際の8月19日に何とか申請できました。

5週間過ぎた9月28日に給付決定のメールが届き、さっそく報告を。
浦上さんは「支援金の話を聞いたときは難しすぎて、とても一人では申請できないと思い、すぐに民商に入会しよと思った。持続化給付金とは比べものにならない。
対応してもらった山田さんや国保さん、事務局の人に感謝。申請を待っているあいだも、皆さんが「必ず出るよ」と言っていただいていたので心強かった。
わずかな金額だけど私にとっては大変ありがたい」と話してくれました。

「子供たちも安心して稽古ができる」


~民商と一緒に申請し、支給へ。道場維持の後押しに!~

三次支部畠敷班の会員、大野大悟郎さん(49才)は、お勤めの傍ら、空手道場を運営・指導してきました。
昨年からのコロナの影響で、大会をはじめ日常の稽古もできない状況になっていて、困っていた時に道場の先輩から民商を紹介してもらい入会。その後、『家賃支援給付金』などのコロナ支援や確定申告など、民商と一緒に行いながら、感染対策をして道場を続けてきました。
いまだ大きな大会が開けない状況が続き、道場に通う子供たちもモチベーションの低下や披露する場も無い分、新規入会が困難になっていました。
そこで大野さんは、三次市の『中小企業経営多角化・環境整備等支援事業補助金』があることを知り、低年齢の子供用の防具資金に充てようと、民商に相談。
経営をどう展開していくかなど、具体的な数字を示しながら計画書を作成。
8月18日に三次市に申請し、翌日の8月19日に補助金支給が決定され、通知書が届いたあと、防具を購入することができました。
新しい防具を着けて稽古に励む子供たちからは「新しい防具だ!」「すごい!」と喜びの声が。
このコロナ禍で大人たちだけでなく、子供たちも、あらゆる制限を受け、心と身体のケアが重要です。
「スポーツや文化を通した交流が地域には必要であり、特に子供たちが安心して心も身体も成長していく空手道場等が維持できる社会をみんなで支えていきたい」と大野さんは感想を寄せてくれました。

WEB申請をしてみたけれど・・・進まなくて無理だったー

9月14日に『広島県感染症拡大防止協力支援金第4期分』の申請サポートを行い、8名が参加しました。
第1期、第2期分の支給が大幅に遅れていることから、WEBの申請の方が早く支給されていることをふまえ、第4期はWEBの申請にされた会員が多くいました。
はじめて申請をしてみたけれど、申請書類をPDF化しないといけないことから
「自分でやってみたけど、途中でつまり、先に進めなくなったよ」
「紙の請求なら審査が遅いし、ウェブは難しい。民商が無かったら、数倍の手間と時間がかかっていた」
「なぜ第1期が支給されている業者に対しても、前と同じ資料を提出させるのか」と悲鳴と怒りの声がありました。

~広島県感染症拡大防止協力支援金~

第5期早期申請サポート日

★9月22日(水)  三次民商事務所 午後2時~午後4時

第4期本申請サポート日
★9月24日(金)  三次民商事務所 午後2時~午後4時

・事前に申請書類の準備をお願いします。

民商に相談し、コロナ支援制度を活用


様々あるコロナ支援制度ですが、三次南支部の安成さん(内装工事)は三次市の「中小企業経営多角化・環境整備等支援事業補助金」を申請し、上限額50万円の交付が決定しました。
安成さんの事務所は三次市内から離れた志和地町にあり、従業員への材料等の受け渡し等が大幅なタイムロスになっていて、事務所も手狭になり密状態になりかけていました。新たな事務所兼資材置場を探して、三次市街地に近い場所を確保し、造成や設備などが必要となった時、知人業者から補助金の制度を知りました。
「少しでも補助金が出るなら」と、経理をしている奥さんが『施設設備費』で、自分なりに「事業計画書」を作成し、三次市に提出しました。

三次市から「これでは難しい。もっと具体的にどうコロナ対策と多角化が結びつくかが必要」と言われ、さっそく奥さんは民商に相談しました。事務局と今の状況とどう改善するかをわかりやすく作成し、再度提出。
9月1日に、三次市から交付決定通知書が届きました。
安成さんは「これで仕事もスムーズになり、コロナ対策もできる」と喜んでいました。

<三次市中小企業経営多角化・環境整備等支援事業補助金>

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内の中小業者に対して、経営の展開及び多角化、または新型コロナウイルス感染症防止のための事業所の環境整備などを目的とした設備等の新設もしくは改修に要する経費の一部を補助。

★補助対象費

 ●施設設備費=施工監理費、改修・改装工事、通信環境整備費、設計費

 ●管理運営費=備品等の購入

 ●広告費=チラシ・ホームページの作成、新聞・雑誌等への掲載料、新聞折り込み料

 ●事業費=インターネット登録料、講習会の受講料・テキスト代

★補助額

 ●補助対象経費の4分の3 上限額50万円

締切は令和4年2月28日

飲食業やカラオケを扱う業者も月次支援金の対象になるんよ


~班会で教えてもらい、県の7月分の月次支援金の申請手続きを~

高田支部の八千代班は、定例の班会を8月20日に開き、5名が参加しました。
20日は三次民商高田事務所の片づけをしたこともあり、参加した会員から事務所の現状等の報告がありました。
その後、班長が班会を進行し、コロナ支援ビラを読み合わせしました。
そこでカラオケ喫茶を営む田中さん(喫茶歌輪)は、7月分は飲食業やカラオケ喫茶なども月次支援金の対象になることを知り、さっそく書類の準備を行いました。
書類の準備ができたところで民商へ連絡し8月30日に申請。
「予定に無かったのに班会でアドバイスしてもらい休業の中、少し楽になった」と田中さんはほっとしていました。 

■■ 月 次 支 援 金 情 報 ■■

★申請サポート日
9月7日(火)、8日(水) 
 三次民商事務所
 午後2時~6時 要予約

★なんでも相談会&支援金申請会
9月12日(日)
 三次市まちづくりセンター
 午前10時~午後3時

大雨で被害に遭った三次民商高田事務所の復旧へ 役員・事務局で土砂撤去と片づけ!

8月12日から続いた大雨災害により、安芸高田市吉田町を中心に多くの被害が発生しました。
三次民商高田事務所も床下30センチ近くが浸水し、道路や駐車スペースも泥が山積みになる状態でした。
8月20日に予定していた記帳学習会を急きょ、中止し、片付けと土砂撤去に追われました。
(植野支部長含め役員と事務局6名が参加)

ところどころ小雨が降る中でしたが、事務所の土間(3分の1を占める)に置いていた机やコピー機などを外に出し、事務所内部の泥撤去と事務所外の土砂撤去に分かれて作業を行いました。その日でなんとか事務所内と事務所周りは綺麗になり、使用できるようになりましたが、駐車場や道路については、土砂撤去はできておらず車での移動や駐車には注意が必要となっています。
高田事務所再開は9月中旬を予定しています。
被災された会員の中にはお店を再開した人もいますが、まだ復旧の目途が立ってない人もおられます。
被害実態を把握するため、要望書を記載してください。
三次民商として大雨被害に遭われた方に向け、義援金の呼びかけをしています。民商事務所に募金箱を置いていますのでご協力お願いします。

安芸高田市、三次市に被害が・・・


8月12日から14日にかけて降り続けた豪雨災害は、安芸高田市、三次市で大きな被害が発生しました。
特に安芸高田市では市街地に水が入り込んで、会員も被災されました。
吉田町で居酒屋を営業している「みね」さんから被害の状況が報告され、店内に水が入り、水道も泥水が混じって使えなかったそうです。
また三次民商高田事務所も床下浸水し、大きな爪痕を残しました。
8月18日現在の三次民商会員の被害状況は、床上浸水4件、床下浸水2件、田畑被害1件(いずれも高田支部)です。

被害を受けた方は「り災証明書」を早急に申請しましょう。
現在、安芸高田市はコロナウイルス感染防止のため、市外からのボランティアは受け付けていません。
前線の停滞でまだまだ雨は続きます。充分、気をつけましょう。


令和3年8月11日からの大雨による災害に関する相談窓口
                   日本政策金融公庫


中小企業・小規模事業者向け

 国民生活事業=災害貸付 融資限度額3千万円 
        融資期間10年(内据置期間2年)

 中小企業事業=災害復旧貸付 融資限度額1億5千万円
        融資期間10年(内据置期間2年 

民商に入って良かった。何も知らなかったとこから、月次支援金支給まで。

国や県の月次支援金の申請期限が迫るなか、民商会員も申請をしています。その中には新会員さんもおられます。6月に入会した高田支部の奥本知絵さん(マッサージ業)は、6月30日申請した広島県の頑張る中小業者月次支援金が7月28日に支給されました。

なんでも相談会に参加
奥本さんは、再構築補助金の申請に向け、兄弟に相談したところ、「民商に相談してみたら・・・」と言われ、新たな開業地域予定の安芸高田市が管轄の三次民商に電話をかけました。そして、その週に安芸高田市で要求運動部が行った、なんでも相談会に参加。応対した民商役員からアドバイスをもらい、早速入会。その後、足しげく民商に通い、新たな事業の相談だけでなく、コロナ支援制度も着手しました。

教えてもらって申請に漕ぎつける
月次支援金のことはまったく知らなかった奥本さんは、「自分にもできるのかしら」と不安でしたが、今年の5月分の売上が一昨年に比べて30%以上下がっていたので、広島県の月次支援金にチャレンジ!事務局長に丁寧に教えてもらいながら、何とか申請できました。支援金が受給された奥本さんは「民商の支えがあったので、頑張れました。売上が減少して大変な時に、少しでも支援金が入金されたのは大変嬉しかったです」と喜んでいました。

色んなアドバイスをもらえてうれしい
奥本さんは6月も売上が30%以上減少していることから、8月3日の相談会に参加。山田要求運動副部長が応対し、申請書を仕上げ、早速提出しました。
「良いことだけでなく、厳しい意見もしてくれるし、いつも事務局の皆さんが丁寧に温かく教えていただけるので大変感謝しています。今後も意欲的に民商での学習や申請などを頑張っていきたい」と意気込んでいました。

さっそく、三次民商の総会方針を実践!

~他支部での学習会に初めて参加しました~

今期の総会方針に、来るインボイス登録制度の開始に対応して、記帳学習の強化を盛り込んでいます。
どの支部の学習会でも参加できることになっていますが、さっそく、7月28日に行われた三次南支部の記帳学習会に、高田支部の会員が参加をしました。
減価償却の計算や確定申告のそもそもを山田支部長が丁寧にレクチャー。
参加した会員は「一年に一度では忘れるから早めに相談して良かった。今度は自分が教えたい」と張り切っていました。